スズキ 車種別故障事例

パレットでよくある故障と修理費用

E-HEELP 3 電気油圧ジャッキとインフレーター ポンプ LED 電気衝撃レンチ多機能デジタル車ジャック キット

お求めは、当社が運営する CAR LOVE SHOPのサイトからどうぞ。

 

ステアリングからの異音

パレットにおいてよく聞くトラブル事例にステアリングホイールを回すとガクガクといった感じの振動と音が聞こえてくるというものがあります。

それも常にということではなく、ある一定の位置になるとそのような状態になるようです。

この症状の原因はパワーステアリング構造にあるステアリングラックに亀裂が入るというものです。

ステアリングラックなどかなり丈夫に作られているものですのでそう簡単に割れるようなものではないのですが、そういったことがよくあるようです。

劣化といえば劣化、強度不足といえば強度不足です。

修理をするにはパワーステアリング事態をそっくり交換することになり、部品代で3万円ぐらい、工賃に2万円ぐらいかかるようです。

 

CVTから異音と振動

走行中、特にブレーキングから再加速するときのような駆動系に負担がかかる時にエンジンルームからゴトゴトという音と振動が伝わってくるというトラブルが多くなっているようです。

こういった症状が出るとまずトランスミッションを疑いますが、センサーなど点検しても異常なし、CVT用の制御プログラムを書き換えても同様の状態、CVT用のコンピュータ自体を交換しても全く同じということで最終的にCVTの乗せ換えということで収まることが多くなっているようです。

CVTの乗せ換えとなると工賃含めて20万円から30万円ほどかかることになりますので今後乗り続けていくのかどうかというもの考えなければならないかもしれません。

 

エアコンのガス漏れ

パレットではよくあるトラブル、エアコンガスが漏れてしまうというものですが、通常はエンジンルーム内の配管やコンプレッサーなどでこういったことが起こります。

しかし、パレットの場合はインパネ内に収められているエボパレーター周りから漏れることが多いそうです。

気が付くのがエアコンの冷えが悪いという症状で、それでいろいろ調べてもらうとエボパレーター周りがオイルでベトベトになっているのに気が付きます。

エアコンでオイル?と思う方もいるかもしれませんがエアコンガスには微量のオイルが含まれており、大量にガスが漏れるとそれが付着することもあるのです。

この症状の修理にはエボパレーターとその結合部分にあるOリングなどを交換しなければなりません。

費用としては部品代として3万円ぐらい、工賃に4万円ぐらいと合計で7万円ぐらいかかってしまいます。

 

「修理か?買い替えか?どっちが正解なの??」

パレットが故障!修理か?買い替えか?迷う…
その問題の正解を詳しく教えます。

↓ ↓ ↓

※故障してもいいと言う方は時間の無駄なので絶対見ないでください。

 

止まる寸前のガガッという音

ブレーキをかけて停止しようし、もう少しで完全に止まるといった状態になった時にブレーキ周りから聞こえるガガッという音、これは紛れもなくブレーキローターとブレーキパッドによって引き起こされているものなのですが、これはトラブルでも何でもありません。

この音はいわゆるブレーキの鳴きの一つで、制動能力が一番強く出る停止寸前になってしまうもので、どの車でもある程度の音はします。

しかし実際にはトラブルとしてディーラーに駆け込まれないようにブレーキグリスやブレーキパッドの材質の工夫などで抑えている状態で、ときどきそういったものが不完全であるものが出てきてしまうのです。

ですので、この音もブレーキパッドを交換したり、パッドの裏にブレーキグリスを塗りなおすなどの簡単な処置で直って、というか聞こえなくなります。
パッド交換で8000円ぐらい、グリス塗布で5000円ぐらいの費用となるでしょう。

 

純正カーナビのフリーズ

パレットに設定されていた純正カーナビであるHDDカーナビで、バッテリー交換やマイナス端子を外した直後にフリーズしてしまうという傾向があるようです。

これは常時電源が切れてしまうことにとって正常な終了処理がされず、ICチップへの書き込みが不完全になってしまうことによって起こります。

そのためこの故障を直すためにはICチップの交換が必要で、リセット作業などでは直りません。

費用的には直接メーカーに送って修理すればほぼ無償交換となりますが、ディーラーなどにお願いすると取り外し工賃などによって2万円ぐらいの請求が来ます。

 

パワーステアリングの片効き

ステアリングを軽い力で回すことができるのはパワーステアリング機構のおかげですが、パレットではこのパワーステアリング機構がおかしくなり、右だけあるいは左だけしか機能しないことがあります。

症状はこのほかにメーターパネル内のパワーステアリング警告灯が点灯するというものもあり、感覚的にも視覚にてもすぐにわかります。

これはパワーステアリングコントローラーというコンピューターの故障で電気的な故障のため交換する宇市か直す道はありません。

しかし、パレットのステアリング周りは分解できないためパワーステアリングコントローラーやステアリングロック機構などが一体化したアッセンブリーごと交換しなければならず45000円ぐらいの部品代と1万円ぐらいの工賃が掛かります。

電気的なトラブルなため中古部品は使わない方がいいでしょう。


車の買い替えや処分を考える時は、あらかじめ自車の査定を忘れずに👇
👇👇
故障車・廃車を含む中古車査定を精選、おすすめはどっち?

 

-スズキ, 車種別故障事例
-, ,