ホンダ 車種別故障事例

エディックスでよくある故障と修理費用

ATの故障

エディックスに昔からよくあるオートマチックトランスミッションのトラブル、その中でも多いのがガタガタいったり、それと同時にボディ全体に大きな振動が来るというものです。

この症状が出るのは乗り始めなどのエンジンが冷えている状態の時でガタガタ言いながらも走ることはできるのですが、変速ショックが大きく、トルクコンバーターの滑りも多くなってまともに走ることができないようです。

こうなる原因は、オートマチックトランスミッション内のギヤ構造の不良で、修理にはオートマチックトランスミッションの乗せ換えを行うことになります。

トルクコンバーターやミッションオイル、工賃をあわせて35万ほどかかるのですが、現在では新しいミッションを探すのはかなり難しく、程度の良いリビルト品を使うことになりますので、この金額よりは少々安くなると思われます。

パワステの故障

エディックスにはやかましいトラブルが発生することが多いようです。

エンジンをかけて走り出した時はいいのですが、初めてステアリグを切ってからしばらくの間はエンジンルームから「ヒュイーン」という音がエンジン回転数と同調して聞こえるようになるというものです。

エンジン回転数に同調しているということはクランクシャフトからの回転を得て動いている部分ということでいろいろな部分を疑うことができるのですが、ステアリングを回してから症状が出たということでパワーステアリング関連を疑うことができます。

その原因はパワーステアリングポンプの劣化による故障で、修理にはポンプの交換とフルードの交換が必要になります。

パワーステアリングポンプも年式的に新品が手に入りづらくなっているのでリビルト品を使うことになりますが、若干手間のかかる作業ですので、ポンプの交換、ATフルードの交換、工賃で6万円ぐらいかかることになります。

電動ファンが回りっぱなし

普段あまり気にしていないことからトラブルに気が付かないということもよくあることですが、そういった意識していないと見逃してしまうというトラブルがエディックスに頻発しているようです。

それが電動ファンの作動、エディックスには他の車と同様にラジエーターに電動ファンが付けられています。

このファンは冷却水の温度が上がり強制的な冷却が必要な時やエアコンをかけた時などに回るものですが、エディックスではこれが常時回り続けてしまうということがあるようです。

こうなる原因はラジエーター付近につけられている水温センサーが壊れていること、冷却水が引く状態でも水温センサーが壊れているためECUに水温が上がっているという信号を送ってしまうので、電動ファンが回りっぱなしになってしまうのです。

不良個所はその水温センサーだけですので、修理には水温センサーの交換が必要になります。

水温センサー自体はそれほど高いものではありませんので、工賃含めても1万円以下で済むと思われます。

 

「修理か?買い替えか?どっちが正解なの??」

エディックスが故障!修理か?買い替えか?迷う…
その問題の正解を詳しく教えます。

↓ ↓ ↓

※故障してもいいと言う方は時間の無駄なので絶対見ないでください。

特定の場所でキーレスエントリーが使えない

エディックスに乗る方からよく聞くのがキーレスエントリーシステムの不具合です。

キーレスエントリーが効かず、ドアロックを解除することができないというのは他のキーレスエントリーを搭載しているモデルでもよく聞く話なのですが、このエディックスのキーレスエントリーはコンビニの駐車場などに止めると一切効かなくなるという変わったものなのです。

どうやらコンビニなどに設置されている自動ドアの電波が邪魔をしてキーレスエントリーが効かなくなってしまうようなのです。

怖いのはそのキーレスエントリーのカードキーを車に中に置き忘れた時、この時なぜかドアロックが掛かってしまうという動きをしてしまうようなのです。

キーを持っていなかったら車に乗り込むことすらできなかったでしょう。

このような症状はある意味この車の仕様であって完璧に直すことはできないようです。

キーレスエントリーシステム自体をすべて交換すると直るなどといわれていますがそれも眉唾物で、それに費用も4万円以上かかってしまうことからもあまりおすすめできない修理方法です。

パワーウィンドウ故障で全滅

エディックスにつけられているパワーウィンドウは少々厄介です。

壊れやすい部分であるのでたくさんの方がパワーウィンドウ周りの修理をした経験を持っているようですが、それよりも困るのが、たった1カ所の運転席のパワーウィンドウスイッチが壊れただけですべてのパワーウィンドウが全く機能しなくなるということです。

悲しいことにエディックスではこの部分が良く壊れます。

スイッチが接触不良を起こすようで、それによってどのドアも窓を開けることができなくなってしまうのです。

ただ、修理は意外と単純で運転席にあるパワーウィンドウスイッチパネルを交換し、オート機能の学習作業をするだけで完全に直ってしまいます。

修理費用は少々高め、新品部品で15000円ぐらい、中古品で1万円ぐらいと工賃が1万円ぐらいかかります。

純正カーナビの不具合

エディックスに搭載されている純正カーナビも他のホンダ車同様にと故障する可能性がかなり高くなっているようです。

よくあるパターンが内蔵されているハードディスクの故障で、それによってナビゲーションが使えなかったり音楽がきけなかったり、直接影響がないCDすらも効けなくなってしまうことが多いようです。

純正カーナビが故障するとほとんどの場合交換となることが多く、修理費用も高くなります。

交換費用は約10万円ぐらい、こんなにかかってしまうのかということで社外品に付け替えようとしても

エディックスの配線はかなり特殊なもので社外品を付けるとなるとかなりの手間がかかり、工賃だけで5万円以上かかってしまうこともあるようなのです。

これにカーナビの購入代金を加えたら純正カーナビ以上に費用が掛かってしまいます。

結局は新しい純正カーナビに交換するしかないようです。

 

-ホンダ, 車種別故障事例
-, ,