BMW 7シリーズでよくある故障と修理費用

V型エンジンのオイル漏れ

とにかくBMWのV型エンジンはよくオイルが漏れます。
特に760iに搭載されているV型12気筒エンジンはかなりひどく、オイル漏れで修理に出す段階ではもはやどこからオイルが漏れているのか自体を探すのが大変なくらいあちこちから漏れるようです。
アンダーカバーを外してあちこち見てみると、まるでエンジンをオイルの中につけたのではと思うほどオイルまみれになっていることが多く、エンジンにつけられているガスケットやパッキンなど全てからオイルが漏れているような錯覚に陥ることもあります。

 

一番被害が大きいのは、エンジンの一番上に付けらえているタペットカバーとシリンダーヘッドの間のパッキン、ここはオイル漏れを起こすことも多いですが、漏れる量もかなり多くなるので困りものです。
修理としては漏れているだろう場所のパッキンなどを交換することになるので、3万円から20万円ぐらいまでの修理費用が掛かります。

ちょっと変わったエアコントラブル

エアコンのトラブルというと冷風が出てこないとか、ヒーターが効かないなどというものが多いのですがE66型では、助手席側の送風口からは冷たい風が出るが、運転席側からは暖かい風が出てきてしまうというトラブルが発生するようです。

 

この症状を引き起こしているのはエンジンの冷却水をヒーターコアに導くのを制御するヒーターバルブが壊れてしまったことによるもので、この車の場合は左右で独立した制御を行っているので運転席側のヒーターバルブが壊れて、エアコンで冷やそうとしてしても温風が出てきてしまうようです。
これを修理するにはヒーターバルブを交換することになりますが、同じ経路にあるヒーターポンプもよく壊れる部分でありますので同時に交換した方がいいかもしれません。
このヒーターバルブの値段は約3万円ぐらいでこれに工賃が加わると5万円ぐらいかかってしまうことになります。

チェックランプの点灯とアイドリングの不調

7シリーズでよくあるトラブルにエンジンチェックランプの点灯と同時にアイドリングが1000rpm以上になってしまうというものがあります。
原因はブローバイガスコントロールバルブ、これはクランクケース内にあるブローバイガスをインテーク側の戻す途中につけられている一種の逆流防止弁で、これについているゴム製のバルブに亀裂が入ったことによって正しい燃調が取れない状態になってしまうのです。
この状態を検知してエンジンチェックランプの点灯が起こり、アイドリングが高くなってしまったということです。

 

修理をするにはこのバルブを正常な動きにしてあげなければなりせんので、バルブを交換することになります。
ただこの場合、ブローバイガスコントロールバルブ全体を交換しなくても内部のゴム製のバルブだけを交換することができるようですので、比較的安い金額で直すことができます。
ただ工賃が高くなりますので1万円は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

ボンネットが落ちてくる

BMWの7シリーズにはボンネットダンパーが付けられていて、軽い力で開けることができるようになっていますが、日本の暑い夏を何回か過ごすとその機能が失われることがあるようです。
このボンネットダンパーはガス式となっているため、エンジンルームの熱と夏の気温によってガスケットが抜けてしまい、そこからガスが漏れてしまうようなのです。

 

ボンネットを支えるバーがついているわけではないので最終的には手でボンネットを支えながら整備をしなければならなくなってしまいます。
この部分を直すには交換するしか手段はありません。

 

純正ですと2本一組で15000円ぐらいしますが、社外品でしたら5000円ぐらいで手に入れることができますので、修理費用はそれほど高くはつきません。
純正部品を使ってもどうせまた同じようなことになってしまいますので、安い社外品で十分だと思います。

BMW 7シリーズが欲しい!けど故障しないか不安!
故障しない車を手に入れる超簡単な方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

純正ナビゲーションシステムの故障

7シリーズにつけられている純正カーナビゲーションシステムはあまり評判がよくありません。
ナビゲーションシステムの精度も悪いしオーディオはあまり音がよくない、それにもまして故障が多すぎるのが最大の難点です。

 

ナビゲーションが始まらない、音楽がきけないなど様々なトラブルが出ているようで、基本的にはカーナビゲーションシステム内部の不具合であることが多いようです。
ですので、内部を分解して修理するということにはならず、カーナビごと交換するしか直す手がありません

 

費用としては新しいカーナビの部品代と取り付け工賃で15万円以上の費用が掛かることになるでしょう。

トランクが自動で開かない

BMWの7シリーズには非常に便利なパワートランクリッドというものがオプションで選ぶことができます。
これはリモコンのボタンを押すだけでトランクのオープンはもちろんのこと、全開状態まで電動で開くことができ、ボタン一つで閉じることもできるといったものです。
しかし、このシステムに使われているモーターがよく壊れるようで、自動でトランクを開閉させることできなくなることがよくあるそうです。

 

このトラブルは特に原因はなく、いわゆるBMWの弱点となる電気系のトラブルであって、修理もその機能に関する部分を交換するしかありません。
費用はディーラーで修理という形になると約25万円ぐらいかかりますが、サードパーティーからこのパワートランクリッドを後付けするキットが売られており、そちらですと20万円強で付けることができるので、こういったものを利用するという手もあります。

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する