ランドクルーザープラドでよくある故障と修理費用

セルモーターの不良

プラド以外にもランドクルーザー系に多いトラブルの一つであるセルモーターの故障、モーター自体は元気なのですが、リダクション式を用いているためそのリダクション構造が壊れることが多くなっています。
エンジンをかけようとしてもセルモーターの音はするがエンジンはかからない・・・という助教のほとんどがこのリダクション構造の故障です。

 

対策としてはセルモーターのアッセンブリー交換となり、新品の部品を用いて修理すると9万円ぐらいとかなり高額な修理費用を取られることになりますが、リビルト品なども出回っており、純正のリビルトで5万円ぐらい、社外品のリビルトで2万円ぐらいで済むようです。

クラッチペダルが戻らない

70系プラドにはマニュアルトランスミッションモデルがあるのですが、そのモデルに結構あるのがクラッチ周りのトラブルです。
一番多いのがクラッチペダルを踏んだらそのままのなってしまったとか、クラッチペダルを踏んでもクラッチが切れないというものです。

 

こういったトラブルはクラッチ板やフライホイールの不具合を疑うのが定番ですが、70系プラドではクラッチマスターシリンダーからのオイル漏れなどによって起こることが多いらしいです。

 

修理には原因であるクラッチマスターシリンダーの他にフライホイールやクラッチ板、リヤクランクシール、パイロット・レリーズペアリングも同時交換する必要があるので、結構な費用が掛かります。
10万円は覚悟しておいた方がいいでしょう。

警告灯の点灯

これは120系、150系の2.7リッター2TR型エンジンを搭載しているモデルに多く出るトラブルです。

 

症状としては、メーターパネル内にある各警告灯の点灯やシフトインジケーターの点滅、エコランプの消灯といった形で現れるようで、面白いものでそれ以外の部分に関してはとりあえず何の障害もない状態となります。

 

走っているうえで特に支障がないのであれば、これはこれでいいのかもしれませんが、警告灯が付きっぱなしというのも気持ちが悪いものですし、本当に警告灯の表示を必要とするときに役に立たなくなってしまいます。

 

こうなる原因はエンジンのノイズをエンジンルーム内のあるセンサーが拾ってしまい、それによって誤動作を起こししまったということらしいです。
トヨタでもこの障害に対してECUの対策用データを配布しています。

 

作業としてはディーラーにて無償のECUデータの書き換えということになりますのでお金はかかりません。

ATの変速トラブル

ランドクルーザープラドには多段式のオートマチックトランスミッションが採用されているのですが、そのオートマチックトランスミッションにおいて、変速しないという症状に見舞われるものがあるようです。

 

症状としては、変速が行われたり、行われなかったりと不安定な状態で、変速されるときに大きなショックを伴うといった状態です。
原因はオートマチックトランスミッションオイル、これに冷却水が混ざり込み容量が増えたことと潤滑能力が低下していることによって変速時に不具合が出るようなのです。

 

通常ではオートマチックトランスミッション内に冷却水が入り込むことはあり得ないのですが、どうやらオートマックトランスミッションオイルを冷却するためのクーラーがラジエーターを一体となっており、何かしらの原因でラジエーター内の冷却水がラジエーター伝いにオートマチックトランスミッションオイル内の侵入したようです。

 

おおもとの原因はラジエーターの冷却水漏れで、修理にはオートマチックトランスミッションのオーバーホールとラジエーターの交換が必要になり、かなりの修理費用が掛かることになります。

 

オートマチックトランスミッションのオーバーホールに約10万円、ラジエーターの交換に85000円ぐらいの部品代がかかります。
更に工賃がかかりますのでざっと見ても20万円ぐらいは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

安くするにはラジエーターを社外品や中古品に置き換えることによって可能となり、半額以下の部品代で済ますことができます。

プラドが欲しい!けど故障しないか不安!
故障しない車を手に入れる超簡単な方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

ラジエータートラブル・水回りが弱点

ランドクルーザープラドはどういうわけか水回り、冷却水系統が弱いようで、ミッションオイルへの混入の他にもラジエーター自体のトラブルが多くなっているようです。

 

普通に使っていて、ラジエーターが壊れて冷却水漏れを起こすなど考えられないのですが、ランドクルーザープラドではそれがあるから驚きです。
どこかぶつけたわけでもない、冷却水が足りない訳でもない、こういった状態で突如ラジエーターから冷却水がぽたぽたなんてことが起こるらしいです。

 

気が付かなければオーバーヒート、最悪エンジン乗せ換えなんてことにもなりかねませんので常に注意が必要でしょう。

 

ラジエーターからの水漏れの場合は確実な修理方法としてラジエーターの交換を行います。

 

それによってかかる費用は部品だけでも新品で86,000円、中古品で3万円前後、社外品で35,000円程度となり、それに工賃や入れ替えた冷却水代金をあわせてプラス2万円ぐらいはかかってしまいます。

 

ラジエーターを溶接などで直すという方法もありますが、再発することが多いのでやはり交換が妥当だと思われます。

エンジンの不調

ランドクルーザーに多いトラブルである燃料系の不具合、それはランドクルーザープラド70系でも起こっているようで、インジェクターから燃料が噴射されないということでエンジンの不調を抱えるものが多くなっているようです。

 

症状としてはエンジン回転数にばらつきがある、アイドリング状態の時にエンストした、始動不可能といったもので、燃料噴射装置からの燃料供給がないことから起こっています。

 

修理をするにはこの燃料噴射装置をそっくり交換することになり、新品の純正パーツを使うと部品代だけで18万円ぐらいかかり、工賃も15000円以上かかることがあるようです。

 

部品的にリビルト品というものがほとんどないので安く仕上げるには数千円で手に入れることができる中古品を使うしかないのですが、中古パーツの状態によってはすぐに再発することがあるようなので、できるだけ新品を使った方がいいかもしれません。

 

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する