イストでよくある故障と修理費用

燃料ポンプの劣化が早い

イストに限らず、トヨタのコンパクトカーに使われている燃料ポンプはどうやら耐久性に乏しいようです。
イストにおいてよく聞くのが、昨日までなんともなかったのにエンジンがかからないというものです。
初爆はあるもののいくらクランキングしてもエンジン始動につながらない、スターターモーターは元気だし、点火系も全く問題ないという状態であれば、ほとんどの場合燃料ポンプの故障であることが多くなっています。
これを直すには、燃料ポンプ事態を交換するしかないのですが、間違っても安価に出回っている中古品には手を出さない方がいいでしょう。

 

燃料ポンプというのはガソリンが詰まった燃料タンクの中にあるもので、ちょっとした不具合でもそれが大爆発につながることがあるからです。
新品でも10000円もしませんから必ずディーラーで新品を注文し、ディーラーのメカニックの手によって交換してもらった方がいいでしょう。

スピードメーターが動かない

2代目イストでよく聞くトラブルがスピードメーターが動かなくなるというものです。
これもよくある電気系トラブルと同じように急に訪れます。
原因はイストのメーターの設計の悪さがあるようで、無理してオプティトロンメーターを採用したためにマルチインフォメーションディスプレイは動くのにスピードメーターだけうんともすんとも言わなくなるのです。
新しいものは改良されているようですが、これを直すには基本的にメーターアッセンブリーごと交換ということになります。

 

部品代と工賃あわせて40000円ほどで交換することができるようですが、世の中には中古車品として半額以下の値段を付けたものが売られています。
これを使えばかなり安く修理をすますことができるのですが、実はメーター交換には走行距離をあわせることが必要なのです。

 

これをしないで実際の距離とメーターの距離があっていない場合はメーカー改ざんとしてたとえば売る時には買取拒否などをされますし、車検も通らなくなります。
自分で距離をあわせる技術を持っているのであればいいのですが、そうでない場合はディーラーで新品を購入してということになります。

ステアリングホイールのガタ

イストにおける既知のトラブルとしてステアリングコラムがたつきというものがあります。
これはステアリングコラムをとめているボルトが次第に緩んでいくことが原因で、そのまま使い続けていくとボルト脱落し思ったようなステアリング操作ができなくなります。
最大の原因は生産工程でその部分のボルトの締め付けトルクが弱かったということになりますが、無理なことをしない限り緩むことはないようです。

 

緩みやすい車は据え切りする方が運転するイスト、イストもパワーステアリングですので、据え切りもいとも簡単に行えるでしょう。
しかし、本来据え切りというのはステアリング系にあまりいいものではなく、できればやらない方がいいものなのです。
こういったことが重なってボルトが緩んでいくのですが、一応サービスキャンペーンとして無料整備することができるようになっています。
作業としては緩んだボルトを適正締め付けトルクで増し締めするだけで時間的にも数十分で済むでしょう少しでもガタを感じたらディーラーに行き、その後の運転の仕方を考えるといいと思います。

イストを買いたい!けど故障しないか不安!
という方に故障のリスクを減らす方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

アイドリングの不調

年式が古くなってきたイストに非常に多いトラブルがアイドリングの不調です。
イストに搭載されているエンジンは非常にブローバイガスのエンジンオイル濃度が高いエンジンで稀にそのブローバイガスがスロットルバルブあたりまで遡ってしまうことがあります。
それによってスロットルバルブの一部品であるISCバルブ、いわゆるアイドリングの回転数を制御するバルブが汚れたり詰まってしまったりして、安定したアイドリングを保つことができなくなってしまいます。

 

仕様ですのでこればかりはどうすることもできませんので、素直にディーラーに行ってこのISCバルブを新品に交換してもらうしかありません。
部品代で10000円ぐらい、工賃で5000円ぐらいかかると思った方がいいでしょう。

ショックアブソーバーからオイル漏れ

トヨタのコンパクトカーはギリギリまでコスト削減を行っており品質のギリギリの状態でいるためちょっとでも予想外のことが起こるとそれが原因で故障することが多いようで、このショックアブソーバーからのオイル漏れもそれに起因しているようです。
特に負担がかかるフロント側で多くが発生していることから、フロントのショックアブソーバーとして使うには少々能力が足りていないようです。

 

ショックアブソーバーは修理するようなものではありませんので、ディーラーで15000円ぐらいかけて新品の純正部品に交換するしかありません。
中古品なども出回っていますが、ショックアブソーバーは消耗品なのでおすすめはできません。
思い切って社外品に変えた方が長い目で見れば安く済むかもしれません。

パワーウィンドウがうるさい

これも年式が古くなってくるとよく出るもの、パワーウィンドウの上げ下げ時に「キー」とか「ガー」といったような音が出るというものですが、これは厳密にいえばガラスとドア側のガラスがはまっている部分の立てつけが悪くなってきたときに出る音で、ガラスの位置の調整をしてもらえば、直ることが多くあります。
しかしほとんどの場合、立てつけが悪くなったのはガラスを上げ下げするパワーウィンドウの可動部の不具合からくるものですので、一時は何とかできますが、またすぐに同じようなうるさいパワーウィンドウに戻ってしまうでしょう。
完璧に戻すのであれば、パワーウィンドウレギュレーターごとそっくり交換することになります。
新品部品を使って直すと30000円ぐらいかかってしまいますが、リビルト品や中古品を使えばもっと安くできます。
ただし、コンパクトカーという性質上、状態の良い中古品はほとんどないと思った方がいいと思います。

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する