ホンダ 車種別故障事例

ゼストでよくある故障と修理費用

突然のエンスト

ゼストに乗る方からよく聞くのがATなのにすぐにエンストするというもの、マニュアルトランスミッションであれば、クラッチミートの失敗でエンストを起こすことはありますがオートマチックトランスミッションでは絶対にありえない話です。

この症状はどのモデルでも出るらしく、特にエアコンを作動させていない時によく出るようです。

原因は、もともとの仕様で全体的に燃料の噴射量を少なくしているため、アイドリングや低回転時にエンジンがストールすることがあるらしいのです。

要するにいつもぎりぎりに燃料で走っているということで、少しでもイレギュラーなことが起こるとそれに対応できるだけのマージンがないということなのです。

燃費を良くするために対策だそうですがエンジンが止まってしまったらもとこもありません。

頻発する場合には対策データがあるようですので、ディーラーに持ち込んでECUのデータを買い替えてもらうと、そういうことが少なくなるようです。

パワステの故障

パワーステアリングが重たくなるというものゼストでは良くある話です。

それも運転中に行きなりアシスト量が変わってしまうのですから運転している人間にとってはかなり怖い思いをします。

ゼストには電動パワーステアリングが採用されており、アシストは全てモーターによって行われています。

トラブルの元として考えられるのはこのパワーステアリング用のモーターの破損、しかしゼストではモーターだけでなくギヤボックスも壊れやすいようでディーラーでの修理も両方をいっぺんに交換することが多いようです。

原因は経年劣化や設計ミスなどといわれていますが、はっきりしていないようです。

そのため基本的には有償修理になることが多く、部品代に63000円ぐらい、工賃に22000円ぐらいかかるようです。

タービンブローもつきもの

ゼストにはターボエンジンモデルがありますが、軽自動車のターボエンジンとなるとどうしてもハイブーストとなり、タービンに負担がかかるようで、タービンの焼き付きやインペラーの破壊などを起こしてしまうようです。

症状としてはタービンからの異音、パワーが出ない、タービンまわりからのオイル漏れなどがあるのですぐにわかると思いますが、それを見逃すと大変なことになってしまいます。

それは、タービンが完全にブローしてしまうとコンプレッサー側にあるインペラーが粉々になる時があり、その破片が吸気側を通りシリンダー内に吸い込まれてしまうからです。

異物がシリンダー内に入るとどうなるか・・・エンジンもブローしてしまいます。そうなる前に少しでも異変に気が付いたらディーラーに持ち込んで修理してもらいましょう。

タービン交換だけなら10万円程度の費用で済みます。

しかし、エンジンまで逝ってしまったら・・・エンジン乗せ換えで50万円以上もかかることになります。

 

「修理か?買い替えか?どっちが正解なの??」

ゼストが故障!修理か?買い替えか?迷う…
その問題の正解を詳しく教えます。

↓ ↓ ↓

※故障してもいいと言う方は時間の無駄なので絶対見ないでください。

エンジンオイル警告灯が点いた

ゼストではエンジン警告灯と同じくらいエンジンオイル警告灯がよく点灯する車です。

エンジンオイル警告灯はエンジンオイルの油圧が弱くなると点灯するもので、エンジンオイルの量やオイルポンプの不具合など適切な油圧を生み出せない状態を知らせてくれるものです。

よくエンジンオイルの量が減ると点灯するものと思っている方がいるようですが、確かにオイルの量が極端に減ってしまった場合は油圧を作り出すことができないので

この警告灯が点灯しますが、足りないからつくのではなく、足りないから油圧が作れないということで点灯するのです。

ですので、この警告灯が点灯したからといって必ずしもエンジンオイルの量が足りないのではなく他の部分にも何か不具合があるということも想定するべきです。

ゼストではオイルポンプの故障が多く出ているようで、その原因となるのがエンジンオイルの管理不行き届き、いくらフィルターがついているからといっても交換を怠るとポンプが壊れてしまいます。

修理はエンジンオイルやオイルフィルター、オイルポンプの交換を行います。

中でも高額なのはオイルポンプ、新品ですと12000円ぐらいしますのでここはリビルト品や社外品を使うことをおすすします。

工賃もそれなりに行きますので3万円ほど見ておいた方がいいでしょう。

リヤシートに座るとギシギシいう

ゼストは4人乗りの軽自動車ですが、やはりメインとして使うのはフロントシートということであまりリヤシートを使う方もいないかと思います。

そういった使い方がされている背ストにおいて、久しぶりにリヤシートに人を乗せることになった時に気が付くのがシートからのキシミ音です。

発生源はシートバックあたりで背もたれによりかかって走行中の揺れが加わるとギシギシいうようです。

4人といってもゼストのリヤシートはおまけのようなものでそれほど作り込まれたものではないため、どうしてもこういったことが起こりがちになってしまうようです。

修理もこれといって手立てはありません、まさかこれだけのことで5万円以上もするシートを交換することもないでしょう。

ディーラーでは音源に緩衝材などを張り付けて対処しており、それだけで直ってしまうことからこの方法が一番いいのかもしれません。

費用も工賃のみで2000円程度で済みます。

パワーウィンドウトラブル

ゼストのパワーウィンドウトラブルで一番多いのがワイヤー切れ、パワーウィンドウはモーターの回転をワイヤーとギヤを介して上下運動に変換することによって機能しているのですが、その内ワイヤーが切れてしまうということはモーターの回転を伝えることができないということになります。

経年劣化であることが多いのですが若干強度が足りないのではという疑いもあるようです。

修理するにはこのワイヤーを交換すればいいだけなのですが、残念ながらワイヤーだけの部品供給はなく

パワーウィンドウレギュレーターごとの交換となってしまい、1か所あたり15000円ぐらいの費用が掛かってしまうようです。

 

-ホンダ, 車種別故障事例
-, ,