故障車はディーラーよりも買取店で売却したほうがいい?

故障車といってもヘッドライトの球切れを起こしている車から自走することすらできないまずい状態にあるものまでいろいろあります。
こういった故障車を売るというか対価を得るにはディーラーと買取店どちらが高くなるかということですが、それは故障の状態によりけりとなります。
基本的に故障車ははっきり言って、それがディーラーの下取りだろうと買取店の買取だろうとあまり喜びません。

 

それもそのはず、そもそも下取りや買取で仕入れた車は中古車として使いまわすためのものですから商品として成り立たないものはいらないということなのです。
しかし、故障しているからといってすべてが商品にならないかというとそうではなく、例えば、ヘッドライドが割れている車ならその部分だけを修理すれば商品として売ることができますし、ドアに大きなへこみがあれば、それを直せば商品になります。
要は少ない費用で商品化する見込みがあり、利益をもたらすことができる故障車なら喜ぶまではいきませんが何とか買取ってくれるのです。
そういう状態であれば、一般的に高い査定額を出すことが多い買取店の方が高く買い取ってくれるということになります。

 

一方、どう見ても修理することができない、修理できても飛んでもない修理費用が掛かるという重度の故障となるとディーラーも一般の買取店は見向きもしません。
エンジンが焼き付いている、ボディにヨレが来ている、トランスミッションからオイルがだだ漏れ状態になっている、ここまでいったらもはや車ではないという判断がされ、自動車としての価値は0です。
しかし、こういった車を好んで買い取ってくれるところもあります。

 

そこが故障車専門の買取店です。
ここは重度の故障車を車として見るのではなく、中古パーツの塊として見ます。
買取った後に廃車手続きをして、すべて分解、必要なところはリサイクルに回して、まだ使える部分は中古車部品として販売するのです。
巷にある中古パーツやリビルト品というのはこういったところで仕入れたパーツを直したり、きれいに掃除したりして売り捌いているのです。
ここなら自走できないような車でもそこそこの金額にはなりますが、買取店で車を売却した時の様なまとまったお金は手に入りません。

 

基本的には価値が全くない、廃車しなければならないような車にお金を出してくれるのですから、少なくてもお金をもらえらるだけありがたく思わなければいけません。
とりあえず普通の買取店で査定をしてもらうことになると思いますが、買取店で買取不能とか廃車をすすめられるようなことがあったら、その場で手続きを行うのではなく、改めての王いった故障車専門の買取店に足を運んだ方がいいと思います。
こういったいろいろなパターンを見るとやはり下取りより買取店での買取の方が得するということになります。

 

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する