ローン中でも事故車を買い替えることは出来るの?

事故を起こした、故障が多くてお金がかかって困るなど、当初の計画よりも早い段階で車を売らなければならないことも多々あります。
事故を起こしたり故障が多いという時点で車に対するこだわりや愛情は冷めてしまっていることになることが多いので、車を手放すということは特に問題はないと思いますが、1つ大きな問題として立ちはだかるのが自動車ローンのことです。
新車購入当初は、とりあえず2回目の車検あたりで買い替えようなどという計画であり、5年ぐらいで完済するような形で自動車ローンを組んだわけですが、今回のように仕方なくというか必然的に売却しなければならないということはまったくもって想定外だったわけです。
それでも売ってしまえばいいではないかと思ってしまいますが、自動車ローンを使って購入した車はそう簡単に売ることができないのです。

 

その理由はその車の所有者は自動車ローンを払っている人間ではないからです。
自動車ローンというのはこういう仕組みになっています。
「新車を買うお金を貸してあげるから、毎月返済してくださいね。だけど金額が大きいからその新車を担保とするので、事務上の名義人は私たち金融機関になりますからね。だけど普段はあなたの車として使ってもかまいませんよ」
そして、「自動車ローンをすべて返してくれたた名義をあなたに返しますので・・・」ということになります。
こういった中で車を売却するということは他人の車を勝手に売ってしまおうというある意味犯罪に近い行為を行おうということなのです。
ならば、自動車ローン中の車は絶対に売れないのか?いえいえそうではありません。
要するに名義は金融機関であるから売れないのであって、それを自分のものにしてしまえばいいのです。

 

では、名義を自分のものにするにはどうするか?
簡単です、ローンを完済すればいいのです。
まだすべてのお金を返していないから名義が金融機関にあるわけですから、すべて返してしまえばいいのです。
「それができたら苦労はしない」・・・確かにごもっともです。
ではこういうのはどうでしょうか、その車を買取店で買い取ってもらってそのお金で返済してから名義変更を行う、これなら多少作業が前後してしまいますが、買取店はちゃんと対応してくれます。
しかし、ローン残金より買取店での査定額が低かったらどうでしょう。
一部は返済できますが、関西と派まではいきません。

 

実はこういった時のために買取店などでは残債ローンなるものを用意しているのです。
これはローンを完済するためのローンというもので、完済して名義変更するために設けられたローンなおです。
ただ、自動車ローンはクリアできて、車を売ることはできるのですが、そのローンを払っていかなければなりませんので、計画性も大事となります。

 

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する