アクセラでよくある故障と修理費用

アクセラの持病

BL系アクセラに持病があります。
それはオートマチックトランスミッションの故障です。
よくあるのがオートマチックトランスミッションの変速動作がおかしくなり、1速から2速まではいいのですが、そこから3速へシフトアップすることなくずっと2速で走行してしまうというものです。
この症状が出た場合ディーラーでは、何の対策もせずすぐにATの交換作業に入ります。

 

ディーラーがそういった動きをするということはそれだけ発生するアクセラが多いということです。
それだけ多くてもリコールなどになっていないということが不思議でなりませんが、ATの乗せ換えとなると1万や2万で出来るようなものではありませんので、かなり焦ることになります。
修理費用として20万円以上はかかるでしょう。

アイドリングストップの警告灯が点滅

BL系アクセラの2リッターエンジンモデルにはアイドリングストップ機構のi-stopが搭載されており、メーターパネルにはそのi-stopの異常を知らせる警告灯が点いているのですが、初期モデルにおいてもどこもトラブルが出ていないのにもかかわらずそのi-stopの警告灯が点滅して異常を示すことがあるようです。
これは完全に警告システムのトラブルでi-stop自体の故障ではありません。
どうやらECUのデータにバグがあるようで、過敏な反応を見せてしまったようです。

 

マツダではこれに対する対策データを用意しているのでそれに書き換えればこういったことはなくなるようです。
初期不良ですので無償書き換えとなります。

発電不良を起こす

初代アクセラであるBK系では、バッテリー上がりを起こすものが多いらしいです。
通常はここで新しいバッテリーに交換ということで一件落着ということになるのですが、中には機能新しいバッテリーに交換したばかりという方もいるようで、同夜バッテリーが悪いわけではないようです。
本当の原因はオルタネーターのプーリーの故障、アクセラのオルタネータープーリーにはワンウェイクラッチが仕込まれており、回転とは逆方向に力が加わった場合に空回りするようなつくりになっているのです。

 

このワンウェイクラッチが故障をおこし、常にフリー状態となり、オルタネーターに回転が伝わらず、全く発電されないことによってバッテリーが上がってしまうのです。
修理にはこのプーリーを交換することになり、部品代と工賃あわせて5000円程度の費用が掛かります。

アクセラが欲しい!けど故障しないか不安!
という方に故障のリスクを減らす方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

続出i-stopトラブル

相変わらず続出しているアイドリングストップ機構のトラブル、アイドリングストップが機能せずメーターパネル内のi-stopランプが、オレンジに点滅するというものですが、原因はいたって単純、アイドリングストップするのにバッテリー容量が足りず、どういうわけか安全機能が働いてi-stop機能にロックが掛かってしまうというものです。
この「どういうわけか」というのはコンピューターのバグであって、修理にはこのプログラムデータを対策データに書き換えることが必要となります。
費用はマツダ側のミスということで無償で行われることになります。

スピーカーからノイズ?

気持ちよく高速道路を走っていると時々スピーカーからザーというようなノイズだか何かが聞こえてくることがあります。
特に高速道路や有料道路、新しい幹線道路など整備が行き届いている時に多いようです。
スピーカーからのノイズとなるとオーディオシステムやカーナビなどのトラブルやアースがきちんと取られていないといった部分を疑いますが、アクセラにおいてこの症状が出た場合はトラブルといったものではないようです。
実はこのノイズの様な音は車線逸脱警報音で、それがスピーカーからのノイズによく似ている音になっているようなのです。

 

どうりで車線の白線がしっかりと認識できるような道路で発生することが多いわけです。
とりあえずトラブルではないわけですが、もし気になるようであれば警告音を変更することもできるようなのでディーラーにお願いするといいでしょう。
費用は無料であることが多いようです。

初期トラブル多し

アクセラは初期トラブルが結構多いと聞きます。
特に水回りが弱いらしく、聞いたところによりますとわずか2000キロぐらい走っただけで冷却水がダダ漏れになったという方もいるようで驚いてしまいますが、これは極端な例としても冷却水が滲むなどの軽度なトラブルが多く起きているようです。
どうやらこういったことでディーラーに持ち込むとラジエーターやウォーターポンプはもちろんのこと、リザーブタンクやサーモスタット、各ホース類に至るまで全交換になるようでそれなりに時間が掛かってしまうようです。

 

費用はもちろん初期不良ということで無料ですが、他に何か疑わしい原因がある場合はそれにかこつけてしっかりと10万以上の修理費用を請求されることがあるかもしれません。
当然ですが今までの何ともなく保証期間が切れたころに発症したという場合は有償になります。

 

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する