HR-Vでよくある故障と修理費用

CVTの故障

HR-Vにはマルチマチックという初期のころのCVTが搭載されていますが、それが最近いろいろとトラブルを起こしているようです。
症状は変速動作が鈍かったり、発進が困難だったり、まともに走ることすら難しいこともあるようです。

 

面白いことにその症状が出ても1度エンジンを止めて、再始動すると治ってしまうというちょっと不思議な出方をするようです。

 

こうなる原因はCVT内部にある油圧を制御するバルブの可動部分が劣化によって固着気味になり、スプリングが付けられているのですがそのスプリングの力でも動かなくなってしまうということで、正常な油圧制御ができていない状態となるのです。

 

エンジンを1度止めて再始動すると、CVT内のオイルの流れが一度切れることによってバルブが動き出すようでそれによって再始動で1度は直ったかのように見えるようなのです。

 

ここまで症状がはっきりと出る場合は修理ではなくCVT自体の交換ということになり、費用も23万円以上かかってしまうことになります。

クラッチ故障

HR-Vは無段変速機のCVTが搭載されていますが、最近の車のようにクラッチの代わりとしてトルクコンバーターが使われているのではなく、湿式多板式のクラッチが搭載されており、それを自動的かつ断続的につないだり切り離したりして変速を行う構造を持っています。

 

時にそのクラッチが経年劣化によって壊れることになり、いきなり飛び出したり、アクセルペダルにCVTが全く反応を示さないという症状が現れます。

 

湿式多板式なので乾式単板クラッチよりは減りは遅いもののそれでも走行距離が延びれば減っていくわけですし、油圧制御系も劣化してくるのでこういった症状が出た時はオーバーホールした方がいいでしょう。

 

本来ならそっくり交換ということが望ましいのですが新品のトランスミッションが手に入りづらくなってきたのでオーバーホールして再利用するしかないようです。
オーバーホールの費用はどれくらいの部品を交換するかによって大きく変わってきますが30万円から50万円ぐらいかかるとみた方がいいでしょう。

ABS警告灯が点灯

どんな車にも原因不明の故障やトラブルというものがありますが、HR-VではそれがABSに出てきます。

 

HR-Vをいつも通り運転していたら、突然メーター内にあるABS警告灯が点灯、そこでディーラーでとことん調べてみてもどこにも悪いところがなく、とりあえずABS系統をリセットしてもらって様子を見ることになったというトラブル。
実はこれ以来、同じ症状が出なくなったといいます。

 

修理として行ったのはABSのリセットだけであとは何もやっていません。

 

もちろん費用も0円、たったこれだけのことでABS警告灯のトラブルは直ってしまったということです。

エアコンが全く効かない・故障

HR-Vを長く乗り続けている場合によく出るトラブルが定番のエアコンコンプレッサーの故障です。

 

エアコンコンプレッサーが壊れてしまうとエアコンガスを圧縮することができず、いつまでたっても生ぬるい風しか出てこないようになります。

 

もともとホンダのエアコンは効きが悪いことで有名で、その分酷使することが多く負担が掛かってしまうのでしょう。
エアコンコンプレッサーの交換には意外とお金がかかります。

 

新品のコンプレッサーで5万円ぐらい、リビルト品で26000円ぐらい、工賃に2万円ぐらい、エアコンガス充填に5000円ぐらいと安くて5万円ぐらい、高くて8万円ぐらいかかってしまいます。

スラッジがたまる

HR-Vに搭載されているD16A型エンジンはトヨタの直噴エンジンほどではありませんがスラッジやブローバイガスが比較的多く出るエンジンで、それによって吸気系にトラブルを引き起こすことが多くなっているようです。

 

アイドリングの不安定などを抱えるものが多いのもそういった理由で、
吸気量を制御するスロットルボディ内がスラッジやブローバイガスなどで汚れるために正常な吸気量を得ることができなくなるようです。

 

修理はこのスロットルボディ内をきれいにクリーニングすることで行います。
整備に長けた人であれば自分で行うこともできますが、
ディーラーに持ち込んでも1万円もかからないようですのでそれほど大きな負担にはならないでしょう。

 

他にトラブルが出ていなければ、これだけで嘘のようにアイドリングが安定することでしょう。

ステアリングを切ると音がする

重量もあって比較的太いタイヤを履いているHR-Vではしばしばパワーステアリングが故障してしまうことがあるようです。

 

これはステアリング機構ということではなく、アシストのための油圧を生み出すパワーステアリングポンプが壊れてしまうことによって引き起こされるようで、最初はなんとなくステアリングが重い、切り返しの際にアシストが遅れてくるなどの症状を示し、それが次第と悪化していきギュルギュルといったような異音を発生するようになります。
ここまで来たらもう末期症状ですので、パワーステアリングポンプを交換しなければなりません。

 

新品純正部品もまだ手に入れることができますが、35000円ぐらいとかなり高いため、ここは12000円程度で手に入れることができるリビルト品を使う方がいいでしょう。

 

中古部品も結構出回っており3000円ぐらいで購入することはできますが消耗品に近いものですので、避けた方がいいかもしれません。

 

 

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する