ライフでよくある故障と修理費用

走行中にエンジンストップ

JB1型ライフで数年前からよく見受けられるトラブルが、走っている途中にいきなりエンジンが止まってしまうというもの、このライフはATなので、操作ミスによるエンストは考えられないので、点火系から燃料系などいろいろチェックしてもどこにもう不具合点が見つかりません。
こういった症状をあらわすものはクランクセンサーの異常であることが多いようです。

 

クランクセンサーはクランクの位置とエンジン回転数を拾うセンサーで一つの電子部品で、経年劣化などで壊れることもよくある部分です。
修理にはこのクランク角センサーを交換するだけで済みますので、費用としても20000円以下で済むことでしょう。

エンジンが冷えている時だけ調子が悪い

JB1型ライフでエンジン始動直後にアイドリングの不良などを示すが、エンジンが温まってくるといつも通りに戻るという事例が良くあります。
エンジンというものは冷えている状態では不安定になるものですが、何回もエンジンをかけなおすとかハンチングが激しすぎるという状況は完全なトラブルです。

 

このトラブルの原因はバルブの経年劣化からくるバルブ外形の肥大で、それによってバルブクリアランスが正常値より狭くなることによって起こるものです。
エンジンが温まるとバルブが膨張して正常値に近いバルブクリアランスとなるため、この時はきれいない動きをするということです。

 

直すにはバルブを交換しなければならず、部品代もそうですがシリンダーヘッドの取り外しやバルブのすり合わせなどいろいろ複雑な作業をしなければならないのでかなりの修理費用が掛かります。
10万円以上は覚悟しておいた方がいいでしょう。

パワーウィンドウが動かない

JB系のライフにおいて、よく出るトラブルがパワーウィンドウが動かなくなったというもの。
特に多いのは運転席側のパワーウィンドウが動かないというものですが、これは開閉の頻度が多いということで理解することができるでしょう。

 

こういう症状が出るライフではパワーウィンドウマスタースイッチにあるどこかの開閉スイッチにガタが出ているものが多く、
もちろんそれによって接触不良をおこし、パワーウィンドが動かないということになることが多いのですが、実はこの接触不良の状態で使い続けているとパワーウィンドウモーターまで壊れてしまうようなのです。
マスタースイッチだけであれば、数千円の新品に付け替えるだけで済むのですが、
パワーウィンドモーターまで逝ってしまうと一か所あたり20000円ぐらいかかってしまいます。スイッチにガタが出たらすぐに交換するのが身のためです。

ライフが欲しい!けど故障しないか不安!
という方に故障のリスクを減らす方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

エンストを繰り返す

ライフにおいて、エンジンストップを繰り返したり、エンジンがかかっていても回転数が落ち着かないといった症状を持つものが結構あるようです。
特にアイドリングがかなりラフになるようで、2000rpmまで上がったとたん、エンジン回転数が低くなり最終的にはエンジンが止まってしまうといった激しいハンチングを繰り返すようです。
この症状は間違いなくスロットルボディの内部が汚れている時に起こる症状です。

 

ライフのエンジンは燃費を向上させるためにかなり燃調を薄くしているようで、それによってスラッジが発生しやすいようで、それがスロットル内全体やアイドリングをつかさどる部分に詰まってしまうことが多いのです。
修理にはスロットルボディの清掃という手もありますが基本的には交換した方がいいと思われます。
交換費用はスロットルボディの部品代と工賃あわせて40000円ぐらい、一度交換してしまえばしばらくは快調でいられるでしょう。

ステアリングの戻りが悪い

車のステアリング機構というのは手を放せば直進状態に戻るような仕組みになっており、わざわざ手でステアリングを戻さなくても補助さえしておけばまっすぐ走れます。
しかし、ライフでは電動パワーステアリング機構のギヤボックスが硬くなる現象が起こることがあり、ステアリングが戻らずに固定されてしまうことがあるようです。
もちろん手で戻せば戻りますが、いつも通りのステアリング捌きで運転するとヒヤッとすることもあるようです。

 

これははっきり言ってこの車の仕様であるため根本的な修理方法はありません。
50000円以上かけてステアリングラックごと交換すれば多少よくなるようですので、

 

交換という手段をとるのもいいかもしれませんが、目を見張るほどの効果はないようですので、財布と相談することになると思います。

ライフ定番のエキマニ割れ

ライフの持病といっていいのがエキゾーストマニホールドが割れるという現象。
エキゾーストマニホールドは鋳鉄で出来ておりよほどのことがない限り割れることはないのですが、ライフのものは作りが悪いせいか走行距離が進むことによって割れてしまい、そこから排気ガスが漏れてしまうようです。
エンジンルームの音を聞いてエキゾーストマニホールドあたりからシュシュとかプスプスなどといった空気が抜ける様な音がしたらもう割れています。

 

割れを直すには交換する以外の修理方法はありませんが、新品ですと部品代だけで30000円も掛かってしまうため、状態の良い割のない中古品を使うことが多いようです。
中古品ですと5000円もしないで手に入れることができ、ディーラーでの工賃6000円をあわせても10000万円ちょっとで交換することができます。

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する