もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する

フォルクスワーゲン記事一覧

噂のDSG日本ではホンダのフィットハイブリッドにおいてDCTのリコールが複数回発表されており大騒ぎになった時期がありましたが、DCTを積極的に採用するフォルクスワーゲン・ゴルフにおいても同じようにいろいろなトラブルが発生しています。フォルクスワーゲンではDSGと呼ぶのですが、例えばゴルフVIではクラッチがジャダーを起こすというトラブルが頻発しています。クラッチを制御するコンピュータのデータに不具合...

突然エアコンが効かなくなるフォルクスワーゲンの車のどういうわけか電装系に弱いようでゴルフ・ヴァリアントでもちょくちょくエアコンのトラブルが起こっているようです。トラブル事例で多いのは2つのパターン、1つはコンプレッサーが焼きついてしまったり、クラッチが壊れて空転してしまっているといったコンプレッサー自体のトラブル、そしてもう一つはコンプレッサーは回っているようだが、熱くなった冷媒を冷やすコンデンサ...

ダッシュボードあたりでの異音ザ・ビートルでよくある出来事にダッシュボードあたりでエンジン始動直後にカタカタ何かをたたいているような音が聞こえるということがあります。位置的には運転席からすればダッシュボードの内側で何か暴れているような感じで、その音がキャビン全体に広がるような感じになるようです。発生するのはエンジン始動後のしばらくの時間、暖機運転のために若干アイドリングが高くなることからこういった音...

冷気が出ないパサートにはエアコンにまつわるトラブルが続出しているようですが、だいたいの方が18万円もかけてコンプレッサーを交換しておさまっているようです。しかし中にはコンプレッサーを交換しても冷気が全く出ないという方もいるようです。こういった場合で一番多いのが、冷気と暖機を切り替える部分の故障であることが多く、その部分を交換することによって直るようです。ドライバーがエアコンのスイッチを入れてキャビ...

エンジンチェックランプが点滅フォルクスワーゲン・ポロのエンジンをかけてしばらく走っていると突然エンジンチェックランプが点滅したと思ったら次に見た時は点灯状態、更にESPランプも点灯し、エンジンからはガタガタといったような振動・・・、年式に古いポロにおいてこういった症状にあう方が多いようです。こうなる理由は、簡単にいえばエンジンオイルがほとんど入っていないから・・・、しかしエンジンオイルなどそうそう...