ポルテでよくある故障と修理費用

スライドドア不具合・故障

ポルテも兄弟車のスペイド同様に電動スライドドアのトラブルが絶えません。

 

特に開閉できないのは困りものです。
こうなる理由はスライドドアを開閉させるため使われるスライドドアロックリリースモーターのモーター内部にあるブラシが飛んでしまうことにより、モーターが動かなくなることによるもので、経年劣化であることが多いようです。

 

修理には基本的にスライドドアロックリリースモーターアッセンブリーを交換しなければならず、2万円程度の出費となります。

 

これに工賃がかかることを考えるとディーラーで3万円以上の費用が掛かります。

 

一方、社外品ではモーターだけの販売ということがされており、少し手間はかかりますが、わずか2000円程度で購入することができるようです。

低速走行時のガクガク

ポルテではアイドリングの不調を訴える方が非常に多くなっているようです。

 

これはどこかにトラブルが起きているということではなく、車自体の設定に無理があるようです。
レシプロエンジンというのはエンジン回転数が低ければ低いほど回転が不安定になり、そのギリギリの状態がアイドリング回転数となっているのですが、それでも通常は若干余裕を持ってアイドリング回転数を決めています。

 

しかし、燃費がすべてのコンパクトカーにおいて高いアイドリング回転数は燃費の悪化につながるとしてポルテではかなりぎりぎりまで低い回転数としているのです。

 

中にはそれでも安定したアイドリングを持つ車もあると思いますが、個体差によってそれが不安定につながることもあり、その車にあわせて設定が必要になるのです。

 

ポルテでは信号待ちの時にエンストを起こしたり、発進がスムーズでなかったり、低速走行時にガクガク行ったりすることがありますが、それらのほとんどはアイドリング回転数の低さが原因となっているようです。

 

改善するにはディーラーに持ち込んで専用端末からアイドリング調整してもらうのが一番です。
費用もほとんどの場合は無料、かかったとしても1000円ぐらいがいいところでしょう。

ポルテが欲しい!けど故障しないか不安!
故障しない車を手に入れる超簡単な方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

ブレーキの抜けた感じ

ポルテを運転する人の中にブレーキに不満を持つ方が多いと聞きます。
特に走行中から完全に停止するような時に、減速し始めはいいのですが、もう少しで止まると行った時にブレーキが抜けたような感覚になるのです。

 

これは何もブレーキ性能が悪いわけではなく、減速に伴いCVTがニュートラルになる際のエンストを防止するために自動的にエンジン回転数を上げるようなセッティングになっているからなのです。

 

かなりアイドリング回転数を低くしているため、エンジンがフリー状態になった時にエンストを起こす可能性があり、それを避けるためにこのようなことをするような制御になっているようです。
エンジン回転数が上がれば、同じブレーキングでも車は前に進もうとします。

 

これがブレーキが抜けたような感覚になる原因です。

 

これは仕様ですのでトラブルでの何でもありませんので、ドライバーが慣れるしかありません。

 

対策として強いてあげるのであればブレーキパッドやブレーキシューを効きの良いもの交換するぐらいです。

ボディからのギシギシ音

ポルテの特徴はコンパクトカーながら広いキャビンと大きく開くパワースライドドアです。

 

しかし、この2つのものがこの車のボディを弱めてしまっているのにお気づきでしょうか。

 

それがポルテオーナーから言われるボディのキシミ音です。
走るたびにボディがゆがむ、それを繰り返していくうちにボディが変形して、あちこちから異音はするはスライドドアやヒンジドア、リヤハッチの立てつけが悪くなって開閉がスムーズにいかないなどの二次的なトラブルを引き起こすのです。

 

修理は不可能、できないことはありませんが新車のポルテが1台買えるぐらいの費用が掛かりますので事実上は無理でしょう。

 

エアコンを使うとなる音

広いキャビンを持つポルテ、このキャビン内を快適な環境にしているのがエアコンですが、早ければ数年でエアコンを使うと助手席の前あたりからゴロゴロとかガラガラといった音がするようになります。

 

音源を探るとどうやらエアコンのブロアモーターから音が鳴っているようです。
試しにエアコンの風量を変化させてみるとその変化と一緒に音も変化したためここでブロアモーターの故障であることがわかりました。

 

どうやらポルテのキャビン容積とエアコンの容量があっていないようで、エアコンに多大は負担がかかっているようなのです。
修理にはこのブロアモーターをそっくり交換することになり、新品部品で2万円ぐらい、リビルト品で3000円ぐらいの部品代と5000円程度の工賃がかかってしまうようです。"

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する