マツダ 車種別故障事例

MPVでよくある故障と修理費用

スライドドアが重たい

2代目MPVであるLW系ではスライドドアがかなり重たくなって開けるのもが一苦労というものがあるようです。

不思議にことに力が必要なのは、完全に閉まっている状態から開ける時だけで、閉める時や中途半端に開いている状態から更に大きく開けようとする場合は軽く開くようです。

この症状、実はスライドドアにつけられているゴム製のシールの劣化によるものなのです。

スライドドアを閉めた時にスライドドアの前端とBピラーの密着性を上げるためにつけられているモールが劣化によって固着し、両面テープで張り付けたような形になってしまうのです。

そのため完全に閉まっている時だけ開けるのに力がいるのです。

これはマツダにおいても事例が多いようで、こうなりにくい対策品が用意されているようで、それに交換するだけで簡単に直ってしまうようです。
費用として3000円も見ておけばいいでしょう。

エンジンからオイル漏れ

LW系MPVに搭載されているV型6気筒エンジンにオイル漏れを起こすものが多いと聞きます。

その場所はクランクシール、クランクケースからクランクプーリーを回すために飛び出しているシャフトのオイルシールで、常に回転している部分だけに劣化が早くなるようです。

特にこのエンジンでは劣化が早くなる傾向があるので、エンジンからのオイル漏れを起こした場合はこの部分を疑うのが常套手段となっています。

修理をするには1枚1000円もしないクランクシールを入れ替えるだけで終わるのですが、そのためにはエンジンを下ろさなければなりませんのでかなり工賃がかかります。

オイル代含めても15000円は見た方がいいでしょう。

エンジンにハンチングの発生

現行型MPVではアイドリング中のハンチングに悩まされることがあります。

症状としては信号待ちなどで止まっている時、セレクターレバーはDレンジ、ブレーキ停止しているときなどによく起こり、更にステアリングを切った状態でブレーキを踏んでスピードが落ちてくるとそのままエンジンストップを起こすこともあるようです。

この症状は排気ガス内の酸素量を測るO2センサーの故障とイグニッションコードの劣化が同時に発生した時におきます。

2つのトラブルが重なることもあまりないと思われがちですが、イグニッションコードの劣化は意外と気が付きにくく発見も遅れることから起因としてはO2センサーの故障が起こった時に併発するという形になります。

O2センサーとイグニッションコード、そして念のためスパークプラグも交換した方がいいので、ざっと計算しても2万円ぐらいの費用が掛かると思います。

 

「修理か?買い替えか?どっちが正解なの??」

MPVが故障!修理か?買い替えか?迷う…
その問題の正解を詳しく教えます。

↓ ↓ ↓

※故障してもいいと言う方は時間の無駄なので絶対見ないでください。

バッテリーがすっからかん

MPVはミニバンであるためとかくバッテリーを消費ひがちです。

そうなるとバッテリーの劣化も著しくなりますがバッテリーの劣化によるトラブルを防ぐためにはまめにバッテリーを交換することで多少は防ぐことができますが、その電源供給元が壊れてしまってはその苦労も無駄になるというものです。

MPVにはそれが結構多いようで、エンジンをかけようとしてもメーターパネル内のバッテリーのランプが点灯し、スターターモーターがうんともすんとも言わないなんてことがあるようです。

この警告灯が点いているということはオルタネーターの故障であることが多く、ほとんどの場合このオルタネーターを交換することによって直すことができます。

オルタネーターは新品で購入すると5万円以上もする高価なな部品、ここはリビルト品や社外品などを使ってタスク直したいものです。

リビルト品のオルタネーターを持ち込んでそれに工賃が加わってだいたい65000円ぐらいで直すことができるでしょう。

CDチェンジャーの故障

先代MPVの純正カーナビはDVDナビであるため、CDなどを入れて曲を聴くときは別途CDチェンジャーの追加が必要となります。

しかし、このCDチェンジャーがしばしば壊れるようで、中にCDが入りっぱなしのままで動かなくなることが多いようです。

取り出したCDは何度のローディングしたためか傷だらけ、聞くこともできなくなるものもあるようで、CDチェンジャーだけでなく、CD自体にも被害が出てしまうようです。

修理はこのCDチェンジャーを交換することとなり45000円ぐらいの部品代と工賃15000円ぐらいが掛かります。

これにCDの買い替えを加えたら結構な額になるため、多くの方は社外品に付け替えているようです。

4WDモデルによくあるトラブル

MPVはミニバンでありながらそんじゅそこらのクロスオーバーSUVなどよりも高い悪路走破性を持つくるまでもあり、それを期待して4WDモデルを購入する方も多いかと思います。

その4WDモデルにおいてよく起こるトラブルがプロペラシャフトのトラブルです。

加速をした時などプロペラシャフトに大きなねじれが加わった時にフロア下からこんこんという音と同時に軽く突き上げるような振動がある場合はほとんどプロペラシャフトが原因、ベアリング部が壊れ無理足り回している状態になっているためこういった音と振動が出るようです。

修理にはプロペラシャフトの交換が必要で、部品代と工賃あわせて15万円ぐらいに出費となります。

プロペラシャフトはリビルト品や中古品が出回っているので、これらを使えば10万円ぐらいで済ますことも可能かと思われます。

 

-マツダ, 車種別故障事例
-, ,