スズキ 車種別故障事例

アルトラパンでよくある故障と修理費用

走行中のエンジンチェックランプの点灯

女性ドライバーに大人気のアルトラパン、この車でも定番といえるようなトラブルが起こっています。

その定番というのがクランク角センサーの故障によるエンジンストップです。

いつものように運転しているとなんとなく走らないような気がする、それでも走り続けているといきなりエンジンチェックランプの点灯とエンジンストップに見舞われる。

この症状はまさにクランク角センサーの故障です。

クランク角センサーが壊れてしまうとECUに正確なエンジン回転数信号が届かないので正常な動作をすることができなくなり、エンジンが止まってしまうのです。

突然のエンストで大変なことのように思えますが、修理としてはこのクランク角センサーを交換するだけであっさり直ってしまいます。

アルトラパンのエンジンはクランク角センサーの他のカムシャフトポジションセンサーが付いているのでそれも同時に交換することになります。

費用としては二つ分の部品代と工賃で3万円も見ておけばいいでしょう。

 

メーターがリセットされる

初期のころのアルトラパンにおいて、走行中に警告灯がすべて点灯、スピードメーターが0を指すという状態になり、その後すぐに復帰するという事態を起こす場合があります。

要するにメーター自体がリセットされて、エンジン始動直後と同じ状態に一瞬なるというものです。

疑われるのはメーターを起動している電源ですが、これはちゃんと来ているようで、更に他の部分もすべてチェックしてもどこにも悪いところはないというのがこのトラブルの特徴です。

ディーラーでこの症状を訴えるとすぐに新しいメーターを注文して交換するという作業に移るのですが、原因ははっきりわかっていないようです。

メーターを交換すると完全に直ることが多いことから、メーター自体の不良ということなのでしょう。
この修理には部品代と工賃で2万円ぐらいかかります。

 

燃料が増えない

この症状もアルトラパンによくあるもので、ガソリンスタンドでガソリンを満タンにしてもメーターパネル内の燃料残量計の目盛りが全く動かないというものです。

ガソリンの残量を検知するのはガソリンタンク内に設置されているフューエルゲージセンサーというもので、それにはフロートがついていてそのフロートが上がったり下がったりすることによって残量を測るようになっています。

こういった症状を示す車はこのフューエルゲージセンサーが錆などで固着していることが考えられます。

要するにガソリンがたくさん入っていてもフロートが上がっていかないということによって起こるもので、もはやこのセンサーごと交換するしかありません。

交換といってもガソリンタンク内にあるものですからそう簡単にはいきません。

安全を確保して上で作業しなければなりませんので、ディーラーで作業してもらうのが一番いでしょう。

部品代と工賃で15000円ぐらいで出来ると思います。

 

「修理か?買い替えか?どっちが正解なの??」アルトラパンフが故障!修理か?買い替えか?迷う…
その問題の正解を詳しく教えます。

↓ ↓ ↓

※故障してもいいと言う方は時間の無駄なので絶対見ないでください。

 

時々エンジンがかからなくなる

アルトラパンで比較的多いトラブルにエンジンが時々かからなくなるというものがあります。

掛かる時もあればかからない時もあるという気まぐれなトラブルで、エンジンがかからない時はどうやら初爆すらないところ見ると燃料系か点火系を疑う必要があるのですが、アルトラパンでは燃料系、それも燃料ポンプの不具合であることが多いようです。

実はアルトラパンの中には燃料ポンプにつながる配線の端子で接触不良を起こすことが多いようで、そのほとんどが端子のカシメが足りないことによって配線が抜けやすくなってしまっているようです。

運悪く接触が悪い時はエンジンがかからず、ラッキーにも接触がいい時にはエンジンがかかるといった感じになるようです。

どういうわけか走行中は意外と接触不良を起こすことが少ないようでそれがトラブル発見の後れをもたらしているようです。

修理は燃料ポンプ自体に何も不具合がないのであれば、端子のカシメを行うことで済みますので、工賃だけで5000円以下といった感じでしょうか。

 

アイドリングが保てない

アイドリング状態というのは、ドライバーが何もしなくても一定の回転で落ち着くものですが、アルトラパンではアクセルペダルを踏んでいないとアイドリング状態を保てなくなる症状が出ることがあります。

アイドリングといってまず疑われるISCバルブは正常で起こってしまうこのトラブル、どうやらスロットルチャンバー内にスラッジがたまって正常な吸気を行うことができなくなっているようです。

対策としてはスロットルチャンバー内の洗浄でこの症状を抑えることができます。

エンジンからスロットルチャンバーを取り外してとことんきれいにするので1万円ぐらいの工賃が掛かります。

ただ、この洗浄だけでも直すことができるのですがより完璧を求めるのであればスロットルチャンバーを新しく交換する方がいいでしょう。

純正部品で9万円も費用が掛かってしまいますが、洗浄しただけのものより長持ちすると思われます。

 

純正オーディオの故障

アルトラパンに付けられている純正CDオーディオがよく壊れるようです。

よくあるのがCDを取り出そうとしてイジェクトボタンを押してもガタガタいうだけでCDが一向に出てこないというものや正規のCDを入れても「disc error」と表示され再生すらできないというものです。

これは明らかにオーディオ機器自体の故障であって、CDオーディオ自体をそっくり交換しなければならないようです。

純正品ですのでCDオーディオといってもかなり高く新品ですと5万円以上もします。

中古品ですと25000円ぐらいで手に入れることができるので、純正にこだわりたい方はこういったものを利用すると安く上がるでしょう。

いっそのこと社外品を付けるというのもいいのではないでしょうか。


車の買い替えや処分を考える時は、あらかじめ自車の査定を忘れずに👇
👇👇
故障車・廃車を含む中古車査定を精選、おすすめはどっち?

 

-スズキ, 車種別故障事例
-, ,