車の修理費用をローンすることは出来る?

自動車を保有していくということには何かとお金がかかるものです。
そもそも自動車自体が高い、小さな商店のバックアップ策として作られた軽自動車ですら、最近は100万円用意しても思ったような買い物ができないのですから・・・。
それが登録車であったり、大型車両などであればなおさらです。

 

下取りや買取店で手にした資金がない限り、現金一括で車を購入することができず、下取りがあったとしてもそれが難しいこともしばしばです。
これだけ進化をし続けているのにそれに合わせて販売価格が高くなっていくのは自動車ぐらいでしょう。
携帯電話と比べてみても25年前ぐらいでは基本料金だけで15000円も取られていたのに今ではユーザーが増えたのと企業努力によって通話料込みで3000円以下で使えるようになっているのに自動車は相変わらず。
自動車界も見習ってもらいたいものです。

 

そこで登場するのが自動車ローンというもの、車を担保に購入資金を借りるというものですが、昔は現金一括が当たり前だったのが、今ではほとんどの方が自動車ローンを使って自動車を購入する様になっているのです。
しかし、残念ながら自動車は買っただけでは終わりません。
自動車保険や自動車税、車検、点検、消耗品代などいろいろな費用が掛かってきますし、1つ1つが高額です。
これだけ年間通してたくさんのお金を払っているのに、その上、事故など起こして多額に修理費用が発生した日には目も当てられません。

 

事故なんてものはドライバーが好んで起こすものではありませんし、全くこちらに非がなくても起こってしまうことですので、そういったことに対する金銭的なものは用意していないものです。
自動車保険に入っていればお互いの体に対する補償は大丈夫ですし、それよりももっと怖い車の修理費用も車両保険に入っていればそれなりに楽はできます。
しかし、だれもが車両保険に入っているわけではないので、そういった場合はかなり大きな出費を覚悟しなければならないのです。

 

しかし、ここに救世主的なものがあります。
それが自動車ローンです。
自動車ローンといっても何もまた車を買うわけではなく、事故による車の損傷を直すのにかかる費用も自動車ローンで借りることができるのです。
他にも車検やパーツ購入などにも使えるので、まとまった資金が必要な時はこれが一番いいでしょう。
一般的にいわれる用途自由のフリーローンという手もありますが、こちらはやはり金利が高めですのであまりお勧めはできません。

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する