もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する

アウディ記事一覧

ヒーターが使えないアウディのA4シリーズの乗る方からよく聞くトラブルが、ヒーターが効かないというもの、エアコンが効かず冷気が出ないというトラブルがどの車においてもよくあることなのですが、アウディA4ではそれ以上にヒーターが使えないというトラブルが多いのだそうです。ヒーターは冷却水をキャビン内にあるヒーターコアに導いてそれに風を送ることで機能しているので、よく疑われるのがそのヒーターコアの目詰まりな...

S-トロニックのジャダーアウディの小型モデルであるA3にはトランスミッションとしてS-トロニックというものが搭載されています。S-トロニックはいわゆるDCT、デュアルクラッチ式トランスミッションのことで、マニュアルトランスミッションと同等のギヤ構造を持ちながらも、2つのクラッチを自動的に操作することでオートマチックトランスミッションと同じように2ペダル運転をすることができるようにしたものです。トル...

パワーウィンドウからシャリシャリ音が聞こえるこれはA5のみならずTTなどといった窓枠がないタイプのサイドウィンドウをもつモデルでよくあるトラブルです。症状としては、パワーウィンドウを上げ下げする時に「シャリシャリ」とか「ガリガリ」といった音がして動きも遅く、パワーウィンドウモーターの音を聞くとかなり負担がかかっているかのように見えます。まずこれが初期症状です。この症状を放置しておいてそのままの状態...

勝手にPレンジに入ってしまうA6には7速S-トロニックが搭載されているモデルがありますが、そのモデルでちょっと奇妙なトラブルが起きています。最初は全く問題なく走ることができるのですが、走り出してしばらくして信号待ちで止まった時の話です。信号が赤から青になったのでブレーキペダルを踏んでいる足の力を抜いて、クリープ現象を感じながらゆっくり発進しようと思ったら、クリープ現象で走ることができませんでした。...

ブレーキを掛けるとガクガクするA6アバントには対フェード性の高いベンチレーテッド式ブレーキローター付きのディスクブレーキが標準装備となっています。さすがアウトバーンのある国、ドイツの車です。300psオーバーのハイパワーエンジンを搭載し2トン近くにもなる車体を安全の止めるためにはどうしてもこれくらいのスペックが必要なのでしょう。これが国産車と大きく違うところです。日本国内を走ることを前提に作られて...