ヴォクシーでよくある故障と修理費用

燃料ポンプの故障とその修理費

初代モデル、2代目モデルでよくあることなのですが、スターターモーターも元気、点火系も全く問題ないなのにエンジンがかからないという事例です。
これはトヨタの車によくあることなのですが、経年劣化による燃料ポンプの故障によってインジェクターまで燃料が送られていないということから起こるもので、ヴォクシーでは定番のトラブルとなっているようです。
燃料ポンプは燃料タンクの中にあるものなのですが、ガソリン代を節約しようと安価で質の悪いガソリンを入れ続けるとこういった症状が出やすくなるようです。

 

中には部品の一部が錆落ちてしまっているものもあるようで、トヨタでは対策品を用意しています。
この対策品に交換することが最善の修理方法となるでしょう。
修理にかかる費用としては燃料ポンプ自体が純正で45000円ぐらい、中古品で15000円ぐらいとなっていますが、危険ですのでできるだけ新品を使いましょう。
それから燃料フィルターやパッキンなども同時に交換することになると思いますので、それにも8000円ぐらいかかります。
工賃はディーラーでも整備工場でもだいたい10000円から20000円の間となり、若干高く感じますが危険物を扱うところですのでできれば整備士の任せた方がいいと思います。

短寿命のスターターモーターの故障

ノア・ヴォクシー兄弟車であまり一般的に知られていない故障個所があります。
それがスターターモーター、上級モデルのアルファードやヴェルファイアなどでは対策品が出るくらい、かなりのトラブル事例があるようですが、ヴォクシーの場合はそこまでまだ至ってはいないようです。
しかし、ヴォクシーのスターターモーターのトラブルも完全なる構造的な欠陥による耐久性の無さが最大の原因となっているので、対策品が出てもいいとは思うのでが、トヨタにはその気がないようです。
エンジンをかけようとしてスターターモーターを回しても、何の音もしない・・・、こういった形でこのトラブルは起こります。

 

予兆としてスターターモーターの元気がないように感じるということがあるのですが、エンジンをかける時にどれだけの人がスターターモーターの音に耳を傾けているでしょうか?意外と聞いていない方が多いので、結局は壊れてから気が付くということになるのがほとんどだと思います。
こうなってしまったら仕方がありません。
ディーラーに電話して陸送の手続きをし、スターターモーターの交換をしてもうしかありません。
純正の新品ですと70000円ぐらいするそうですが、程度のいいリビルト品や中古部品であれば20000円程度で手に入れることができます。
ただ、ディーラーでは純正パーツしか扱いませんので、リビルト品などは自分で付けるか町の修理工場にお願いすることになります。

ヴォクシーを買いたい!けど故障しないか不安!
という方に故障のリスクを減らす方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

最新型でもボディからの異音

これはトヨタの車の悲しいところなのですが、2014年に発売された一番新しいヴォクシーでも納車直後からボディのあちこちからキシミ音やコトコト音が聞こえてくるようです。
日本人は諸外国の方と比べると走行中の音にかなり神経質になっているといわれますが、新車で購入して数日後にあちこちからいろいろな音が聞こえたら神経質でなくても気になります。

 

音の発生源は、内装パーツとボディパネルのこすれる音や内装パーツ同士のこすれる音などで、それ自体をなくすには音が出ないようにスポンジを挟んだり、テープで留めてしまったりという形で一つ一つを解決していくしかないのですが、根本的な原因はコスト削減のためにボディの鋼材薄くしたことによるボディ剛性の不足からきているので、完全に直すことはできません。
ディーラーにもっていっても部分的に音がしないように対処するだけに終わります。
それならスポンジやテープなどを買ってきて自分で対策をとった方が安く済みでしょう。

スライドドアの故障・異音

中型ミニバンはスライドドアを持つ車の中やミニバンと呼ばれる車の中で一番スライドドアのトラブルが多くなるといわれています。
やはりファミリーカー中のファミリーカーで後席への乗り降りが頻繁にあるからでしょう。

 

ヴォクシーも例にもれず、スライドドアのトラブルを抱えています。
ひどいものですと開閉不可能といったものになりますが、ほとんどの場合は開閉時のギーギーなどといった異音で気が付くことが多いようです。
原因の多くはコストダウンのために採用したワイヤー式のパワースライドドアのワイヤーの絡みによるもの、修理にはパワースライドドア機構のアッセンブリー交換となります。
費用は部品代で50000円ぐらい、それに工賃20000円をあわせて7万円以上かかるようです。

エンジンの故障?異常振動とノッキング

ヴォクシーと同じエンジンを搭載する車ではもはや定番トラブルとなっているエンジンの異音とノッキング、これは燃費向上のために付けられた可変バルブタイミング機構のVVTの不良が原因です。
VVTは油圧を使ってバルブタイミングを変更するような構造となっており、エンジンオイルが足りなかったり、汚れがひどい場合に動作不良を起こし、適切なバルブタイミングを得ることができないようです。
エンジンチェックランプの点灯があって初めて気が付く方もいるもいるようで、これによって大きな損傷を受けている場合もあります。

 

ひどい場合はエンジン乗せ換えということになりますが、ほとんどの場合はVVTバルブやフィルターなどを交換、清掃すれば直ってしまうようで、交換で50000円ぐらい、清掃で15000円ぐらいの費用が掛かります。
ただし、これによって根本的な部分まで直ったわけではなく、オイル管理をおろそかにするとまた同じ症状が出てしまうので注意が必要です。

変速ショックが大きい

ヴォクシーにはCVTが搭載されていますがこのCVTが時々悪さをするようです。
症状はNレンジからDレンジにセレクターレバーを動かした時に、車体全体が大きく揺れるような変速ショックが出るというものです。

 

これはCVT自体のトラブルではなく、CVTを制御するプログラムデータの不具合で、要するにできるだけロックアップさせて燃費を向上させようという制御が過敏に働いてしまい、走っていないのにロックアップされそうになることから起こるもののようです。
修理は無償でCVT制御プログラムの書き換えで終わります。

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する