もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する

修理と買い替えのQ&A記事一覧

事故を起こした、故障が多くてお金がかかって困るなど、当初の計画よりも早い段階で車を売らなければならないことも多々あります。事故を起こしたり故障が多いという時点で車に対するこだわりや愛情は冷めてしまっていることになることが多いので、車を手放すということは特に問題はないと思いますが、1つ大きな問題として立ちはだかるのが自動車ローンのことです。新車購入当初は、とりあえず2回目の車検あたりで買い替えような...

事故を起こしてしまって、車を壊してしまったという時にだれもが心配するのが修理費用です。車両保険に加入していれば、ほとんどの場合その補償によってほぼ無償で修理することができるので、すぐにディーラーに持ちこんで修理ということになるでしょう。しかし、車両保険は保険料が高く、加入するのも難しいこともあるのでほとんどの方は入っていないと思います。そうなった時に頭によぎるのがこの車を売ってしまえということです...

車が壊れたりしたら、通常ではディーラーに持ち込んだり、町の整備工場に持ち込んで直すことになりますが、車の修理というのはかなりお金がかかるものです。直すために使う部品代もかなり高いですし、何よりも高いのが工賃と呼ばれる作業にかかる費用です。部品代は自動車メーカー純正パーツですとディーラーは自動車メーカーの部品供給部門から購入してそれにディーラーの利益を上乗せしてし、更に純正部品は自動車メーカーとして...

ある意味、美術品であり嗜好品である自動車は見た目もかなり重要な部分です。誰もが新車当時のピカピカな状態を保つためにコーティングやワックスなどを使って、ボディの状態をきれいな形で残そうとします。しかし、自動車は運転するものであり、時に事故を起こしたり、どこかにぶつけたりして、キズやへこみなどができることも多くあります。車のボディにおいて傷やへこみがついているのはかなり見た目のイメージを悪くするもので...

自動車を保有していくということには何かとお金がかかるものです。そもそも自動車自体が高い、小さな商店のバックアップ策として作られた軽自動車ですら、最近は100万円用意しても思ったような買い物ができないのですから・・・。それが登録車であったり、大型車両などであればなおさらです。下取りや買取店で手にした資金がない限り、現金一括で車を購入することができず、下取りがあったとしてもそれが難しいこともしばしばで...

追突事故にあって、その損害が大きいことから自動車保険の範囲内で車を買い替えることはできます。しかし、自分側・相手側どちらの保険を使って買い替えの資金を出してもらうのかはその事故の状況によりけりとなります。例えば、路肩に停止中に後ろから前方不注意の車に追突されて、もはや廃車同然となったとします。この場合、過失割合(どちらがどれだけ悪いのか)は0:10、要するにこちらには全く非はなく、すべて相手の責任...

車庫入れの時にうっかり壁にぶつけてしまった、路地にある交差点を曲がる時によそ見をしていてサイドをこすってしまった・・・、ドライバーとしてかなりダメージの大きいことですが、それよりも修理費用のことが気になって仕方がないはずです。車の関する損害の補償を受けることができるのが自動車保険、自損事故の場合は基本的には車両保険を使うことになります。しかし、いい違いに車両保険といってもいろいろなものがあり、すべ...

日本で自動車に乗るということは国や地方自治体の管理する公道を走るということです。そうなるとおのずとその管理下に置かれるわけで、管理者のいうことを聞かなければならないということになります。その管理者の取り決めの中の1つとなるのが車検制度、公道上を走る上でその車が正常な状態であるかどうかをチェックするシステムですが、世界的見ても日本の車検制度は厳しく、海外の自動車メーカーも日本仕様車を作るのを嫌がるほ...

故障したから車を買い替える、それもいいでしょう。しかし、それが許されるのはお金が余って仕方がない方か会社の経費を増やしたい大繁盛の企業だけでしょう。一般的にはまず修理を考えます。例えば、ボディがへこみや傷があるのであれば板金塗装屋さんにお願いすることになるでしょうし、アイドリングが不安定な場合はディーラーに持ち込んで適切な修理をすることでしょう。どちらもかかる費用は車の修理費用として高いものではあ...

故障車といってもヘッドライトの球切れを起こしている車から自走することすらできないまずい状態にあるものまでいろいろあります。こういった故障車を売るというか対価を得るにはディーラーと買取店どちらが高くなるかということですが、それは故障の状態によりけりとなります。基本的に故障車ははっきり言って、それがディーラーの下取りだろうと買取店の買取だろうとあまり喜びません。それもそのはず、そもそも下取りや買取で仕...

よく「この車が好きだから乗りつぶすまで乗り続ける」なんてことを言う方がいますが、ここ最近の自動車、特に国産車は乗りつぶすことはほとんど不可能です。それだけ耐久性が高いということになるのですが、どうやらそういっている方の「乗りつぶす」という言葉の定義が本来の意味とは違うように捉えているようです。よくいわれる「10万キロ」という区切りを「乗りつぶした」ということとして理解している方が多いらしく、車の買...

日本人の頭の中には輸入車は国産車よりもランクが上と思っている方がまだまだいるようで、国産車なら300万円も出せば買えるような車格の車を600万円以上も出して購入する方がたくさんいます。たしかに輸入車は車両価格が高く、買える人は限定されるでしょう。しかし、例えば400psも500psもの大パワーエンジンを搭載する車の様な国産車にはないような車を購入するということであればいいのですが、国産車と同等、あ...

日本ではここ最近やたらとリコールが多くなってきました。ホンダのフィットシリーズに搭載されているスポーツハイブリッドi-DCD、トヨタのプリウスに代表されるハイブリッドモデルのブレーキ周り、そしてここ最近特に騒がれているタカタ製のエアバッグなど、ニュースになるような大きなものでもこれだけ挙げられるほど多く、更に細かいものをあげたらキリがないほどかなりのリコールが発表されています。リコールは要するに人...

故障を機会に車を乗り換えようという方も多いかと思いますが、中にそこまでしなくてもと思いようなパターンもあります。それを口実に家族に反対されていた車の買い替えを行う絶好のチャンスとする方もいますが、故障による車の買い替えはほとんどの場合は金銭的に無駄が出ることが多くなります。故障によって買い替えを行うかどうかを決めるファクターは2つ、金銭的な問題と今後の信頼性です。金銭的な問題は要するにこの車にそこ...

夏場にエアコンが壊れてしまうほど過酷なものはありません。特にここ数年の夏は暴力的な暑さとなっているため、エアコンなしで車を運転することはある意味安全性にも影響が出てしまうのではないかと思います。エアコンの故障といってもピンからキリまでありますが、その中で買い替えを考えるような重大なトラブルというのは極僅かです。エアコン関係でよくあるトラブルはエアコンガスのガス漏れ、エアコンは密閉領域にあるエアコン...

車を売却して現金を手にすることができる買取店、ここでは独自に設定した買取相場によってその車の価値を見定め、そこから車の状態を見て減点法にて最終的な査定額を決めるようになっています。買取店の買取相場というものは中古車相場を加味して考えられているもので、その金額は基本的に新品同様の状態、いわゆる生産ラインから降りて、納車された時の状態を想定して決められているのです。ですので、例え納車から1か月後に査定...

自動車の故障個所として比較的多くの事例があるパワーステアリング周り、この部分は保安重要部品であって、自動車メーカー側も耐久性などを考えて作っているようですが、機械であるため経年劣化によって壊れることもありますし、古くなくても構造上の欠陥や部品組み立て時の不具合などによってしばしばトラブルが起きています。そもそもステアリング周りは一定の動きをするわけではなく、常に正反対の動きを繰り返しているため、機...

車を修理するところというのは大きく分けて2つあります。1つは新車販売を行っているディーラーの整備工場、そしてもう一つは町にあるいわゆる自動車整備工場ということです。この2つの整備工場において、一番大きな違いとなるのが専門的な技術です。ディーラーの整備工場では自動車メーカー側から提供された専門的で効率のよう修理をするためにサービスマニュアルやその整備方法にあった特殊工具、通称SSTというものが配布さ...

輸入車は国産車と比べて、故障やトラブルなどが多く発生するといわれていますが、そういった噂はあながちウソではないようです。しかし、輸入車でも国産車でも優れた技術を持った自動車メーカーが作っているものなのにどうしてこんなにあちこちトラブルが多いのでしょうか。その原因は気候風土と道路事情が大きく関係しています。まず気候風土ですが、日本は自動車先進国の中では少数派となっている明確な四季を持つ国で、寒暖の差...

国産車で一番採用されているトランスミッションがCVTです。CVTは、もともとスムーズな変速ができるトランスミッションとして開発されたもので、有効径を変化させることができる2つのプーリーを丈夫な金属製のベルトをつないだもので、プーリーの有効径を変えることによって変速比を変化させるというものです。当初は遠心式の可変装置を持ったものが原付バイクなどの使われていたのですが、昨今の低燃費ブームによって、変速...

あの車が欲しいけど故障して壊れないか不安…機械であればいずれは壊れますが、故障すれば数万円というお金とそれにかかわる時間も飛ぶわけですから、出来るだけ壊れにくい車が欲しいですよね。新車であれば、保証期間が3年ついているものがほとんどですし、延長保証が出来るメーカーが多いです。また、新車を購入するとサービスも手厚いので、新車の場合故障に関してはそこまで敏感になる必要はありません。問題は中古車を購入す...

ディーラーからハガキ、どうせまた発表会とかフェアの宣伝でしょ?・・・などと思いながら読んでみたら「法定12ヶ月点検のお知らせ」とな・・・法定12ヶ月点検?・・・「法定」と付くぐらいだから必ず受けなければいけないの?っと思うこともあるかと思います。ディーラーがハガキを送ってくるぐらいですから、当然のごとく費用が掛かる、しかし車検以外で何かを強制されるという意識はなかったのに本当に受けなければならない...