修理より買い替えの方が得する

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する

レクサス記事一覧

〜CT200hのよくある故障事例〜@ハイブリッドシステムの故障Aボディからくる異音と違和感BEGRシステムの故障ハイブリッドシステムの故障トヨタのレクサス店で販売されているモデルの中で一番小さなモデル、一番小さなハイブリッドモデルとなっているのがCT200hです。このモデルは3代目プリウスの部品を流用して作られた車で、90%ぐらいの部品をプリウスと同じとしています。自動車で一番重要な部分となるエン...

⇒詳しくはコチラアイドリング時の振動トヨタのGSにはGS300hとGS450hと呼ばれるハイブリッドモデルも用意されています。いわゆるトヨタ流のエコイメージを壊さないための手法なのですが、この内のGS300hに搭載されているエンジンからトランスミッションに至る部分において、トヨタでも改善させることができない、設計上のミス、部品製造時点での不具合によるトラブルが発生しています。GS300hには178...

8AR-FTSエンジンの振動アリストの北米レクサス転用モデルとして作られていたトヨタのGSも今やクラウンのグレードアップモデルとなってしまいましたが、作りだけでなく当然ながらトラブルに関してもクラウンと同じものが出ています。特にエンジン周り、クラウンとGSは同じエンジンを使っているモデルが多いので、どちらかでトラブルが頻発するともう一方でも頻発するといった始末になります。GS200tというグレード...

ハイブリッドシステムTHS-IIの故障HS250hはレクサス店だけの車だと思われがちですが99%、SAIと同じ車でSAIのレクサス店バージョン、無駄に車両価格が高いSAIといっていいでしょう。このモデルはSAIと同じようにハイブリッドモデル専用車種として作られていて、エンジンモデルは用意されていません。構造的には3代目プリウスのグレードアップモデルといったもので、エンジンはトヨタの大型ミニバンで使...

8AR-FTSエンジンでパワーが出ないアルテッツァの輸出仕様として始まったIS、今ではGSベースのスポーティーセダン、言うなればクラウン・アスリートと同じ位置にいるモデルです。このモデルにはベースとなったクラウンやGSと同じように2リッターターボエンジンを搭載したモデルがあります。グレード名としてはIS200tということになりますが、これは販売戦略的にはダウンサイジングターボエンジン搭載モデルとい...

パワーステアリング不具合LSはトヨタの中で一番車格が高いモデル、いわゆるフラッグシップモデルとして作られている車です。そのため、装備や技術などもふんだんに採用されていて、これ以上何をつけるの?と聞きたくなるほどの充実ぶりとなります。しかし、それが時に悪い方向に行く場合があります。その1つがVGRSという装備です。VGRSはギア比可変ステアリングシステムと呼ばれるもので走行スピードや車の状態に合わせ...

8AR-FTSエンジンの低回転時振動RCは同じトヨタから発売されているGSとほぼ同じプラットフォームを使って作られている2ドアクーペモデルで、ということはISともクラウンともマークXとも兄弟関係があるということです。さしずめ、GSを基本としラグジュアリーセダンとして、ISをスポーティーセダンとして、クラウンやマークXを廉価モデルとして、そしてこのRCを2ドアスポーティクーペモデルといった形でバリエ...

ハイブリッドシステムTHS-IIの故障RCにはトヨタのイメージを壊さないためにハイブリッドモデルが用意されています。RC300hというグレードがそうなのですが、驚いたことに他のモデルと全く同じ組み合わせで、トヨタらしい流用術で作られた低コストモデルとなります。エンジンは2.5リッター直列4気筒DOHC直噴の2AR-FSE、電気モーターは1KM型、そしてバッテリーはニッケル水素バッテリーで制御はTH...

8AR-FTSエンジンの振動2代目モデルまではハリアーと同じ車だったRX、3代目からは北米レクサス・レクサス店専売モデルとなったことで独自路線を進むことなったわけですが、それでもトヨタならでは車作りがされていることには違いはなく、いろいろな部分で部品の流用がされています。流用されているものの中で一番大きいものがエンジン、3つあるすべてのエンジンが他のモデルと共通、あるいは流用されています。その中で...

電動ファンの故障でオーバーヒートこれはIS-Fでサービスキャンペーンとして発表されているものです。トラブルが出る場所はエンジンルーム内にあるエンジン冷却用の電動ファン、IS-FにはV型8気筒エンジンが縦置きで積まれているのですが、エンジンルームを見たことがあるからならわかると思いますがとにかくエンジンが大きすぎて、エンジンルームがパンパンな状態になっています。これではさすがに冷却性は悪いだろうとい...

ハードトップの開閉不良レクサス店のSCはソアラの転用モデルで、当時でも珍しかったオープンモデルとなります。2代目モデルは重量を軽減するために材質をアルミとしたハードトップが採用されており、その開閉を左右につけられる2つの電気モーターで行うようになっています。シートに座ったままでボタン一つで開閉することができ、急な雨などにも対応できるようになっているのですが、やはり電動式というのは構造が複雑になるよ...