アリストでよくある故障と修理費用

ARSに注意

アリストには4WS構造を持つモデルがあります。
この4WD構造はARSといって機械的な操舵構造を持ち、フロントタイヤを左右に向けるのものとほぼ同じようなものがリヤアクスルにもついていると思うというでしょう。
実は年式が進んだアリストではこのARSの劣化によって不安定な動きをすることがあるようです。
原因は経年劣化によってARSギヤボックス内のギヤの摩耗やオイルシールなどです。
これを直すにはアッセンブリー交換が必要となり、ディーラーで新品の部品を仕入れて取り付けると部品代だけで20万円ぐらい、工賃で数万円は取られることになります。

 

中古パーツやリビルトパーツもあることはあるのですが非常に数が少ないのでなかなか手に入れることができません。
新品の部品もアリスト時代がかなり古いモデルですので場合によっては手に入らないこともあるようですので、これに見舞われてしまった場合は気長に探すしかないようです。
究極の修理となるのがARSが付いていないグレードのリヤアクスルを移植するということ、これなら今後ARSで悩まされることもなくなります。

クランクプーリーの故障

初代モデルの一部、2代目モデルのすべてのアリストに搭載されている1JZ型エンジンには経年劣化による重大な故障に見舞われる可能性を秘めています。
その個所はクランクプーリーです。

 

クランクプーリーはクランクシャフトに直結しているもので、それが回ることによってオイルポンプやウォーターポンプ、エアコンコンプレッサー、オルタネーターを回すことができるような構造になっています。
そのクランクプーリーが劣化によってベルトの抑えが取れてしまい、ベルトがプーリーから脱落していしまうのです。
ベルトが外れてしまうと先ほどのものがすべてに機能を停止してしまうので、オーバーヒートやエンジン焼き付き、バッテリー上がりなどを起こしていしまうのです。

 

兆候としては、ベルトまわりからこすれるような音が聞こえてくるので、それが聞こえたらすぐにディーラーなどに持ち込む必要があります。
修理費用は部品代だけで10000円以下と比較的安く済むのですが少々厄介な部分であるため、工賃がその倍以上かかってしまうでしょう。

 

そして純正パーツもそろそろ底をつき始めているので手に入れることが難しくなっています。
ただ、社外品で純正パーツよりも耐久性のある部品が発売されているのでそれを持ち込んでつけてもらうという手もあります。
とにかく、非常に大事な部分ですので、少しでも疑いのある場合はすぐに修理が必要です。

ブレーキの故障〜ブレーキングに振動〜

アリストは大型セダンであるため、車両重量もかなりのものを持ち、最低でも1.6トン、最大で1.8トンになるものもあります。
更にかなりのフロントヘビーであるためフロントブレーキにトヨタが想定した以上の負担がかかるようです。
それによって起こるのがフロントブレーキローターのゆがみです。

 

ほとんどの場合が放熱不足によるもので、アリストらしからぬハード走りをする車の多く出るようです。
これが発生するとじゃだーが起こるため、ブレーキング時にまずはステアリングホイールに振動が、そしてもっとひどくなると車全体にその振動が回ることとなります。
こうなってしまったらディスクローターを交換しなければなりません。

 

程度が軽い場合ではローターの研磨だけで済むこともありますが、ディスクローターは一つの消耗品なのでついでこの交換しておくことをおすすめしまう。
費用はフロント二枚分の純正ディスクローターで20000円ぐらいとなりますが、ここは純正ではなく社外品の熱に強いものに交換した方がいいでしょう。
部品代も二枚で40000円ぐらいで済ますので純正交換とそれほど大きな金額差はないと思います。

アリストを買いたい!けど故障しないか不安!
という方に故障のリスクを減らす方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

スミードが出ない!?エアフロの故障・交換

アリストでよく聞くトラブルにスラッジやブローバイガスなどによってアイドリングやアクセルのツキが悪くなるという症状を示すものが多いようですが、その時にスロットルボディやエアフローの洗浄やそれにかかわるセンサーを交換するなどの処置をとります。
これで一時は直るのですが、こういった症状が出たアリストではこの後の必ずといっていいほど起こるトラブルがあるのです。

 

それが走行中にいきなりのスピードダウン、アクセルペダルを踏んでも全然エンジン回転数が上がらないといったもの、ほとんどの場合そのときにメーターパネル内では警告灯のオンパレードになっているようです。
こうなる理由は基本的には先ほどと同じことなのですが、前回よりも1歩症状が進んだ状態と思った方がいいでしょう。
修理には最低でもスロットルボディーアッセンブリー交換となり、新品で約80000円程度の修理費用が掛かります。
こういったトラブルは中古品やリビルト品は避けるべきなので、この金額は覚悟しておく必要があります。

エアコン故障〜冷風がでない〜

16型アリストに結構多く出ているトラブルがエアコンのトラブル。
エアコンを入れても一向に涼しくならない、冷風どころか温風が出てくるといったものです。
調べてみてもコンプレッサーは稼働中、エアコンガスの量も適用、温度調整も全く効かないといった具合であとはエアコンガスの流れる配管のつまりか、温風・冷風の切り替え部分の故障ということになるのですがどうやらそれも違うらしい・・・、エアコンガスの圧力を測ってみたら、コンプレッサー戦後でほぼ同じ値ということで、コンプレッサーの圧縮不足ということがわかりました。

 

コンプレッサーがきちんと動いているのでコンプレッサーの仕業だとは気が付かないことが多く、原因究明まで少し時間がかかることが多いようです。
その割には修理は簡単、エアコンコンプレッサーを交換するだけで終わってしまいます。
新品で10万円ぐらい、リビルト品で50000円ぐらいと結構かかります。

足回りの故障〜タイヤがグラグラに〜

重量級のアリストならではのトラブルにタイヤがグラグラになるというものがあります。
特にフロントタイヤでよく起こるようなのですが、ステアフィールの悪化やステアリングホイールを回した時の異音などで気が付くことが多いようです。
原因はサスペンションの可動部につけられているボールジョイントの摩耗によって遊びが増えてしまっているということです。

 

特にフロント周りは上下運動の他にステアリング機構による左右の力もかかるため、それによってリヤ周りよりも劣化が早いようです。
怖いのがロアアームのボールジョイントが摩耗して支えきれないぐらいになるとハブごとタイヤが外れてしまうとのことで、最悪死亡事故にもつながってしまうこともあるようです。
修理にはガタの出ているボールジョイントを交換するしかないのですが、よくあるロアアームのボールジョイントの交換で工賃込みでだいたい35000円ぐらいと修理費用としては比較的安く済みますのでこういった症状が出ている方はすぐにでも直した方がいいのではないでしょうか。

 

 

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する