プレオでよくある故障と修理費用

アイドリング時の息継ぎ状態

RA型プレオぐらいになると経年劣化によるトラブルが多発してきますがその中でもかなり多いものがアイドリング時のトラブルです。
アイドリング回転数が不安定、エンジンが止まりそうになる、息継ぎをしたような状態になる・・・こういった症状のほとんどがISCバルブの汚れが原因となるトラブルです。

 

ISCバルブはスロットルとは別にアイドリングに特化した吸気制御を行うもので、この部分が汚れて目詰まり状態となるとこういった症状があらわれてくるのです。
修理の際にどうせなら新品に交換したいという方もいると思いますがが、現在品薄状態でものが確保しづらい状態になっているのに加えて、ISCバルブだけの部品供給がなく、スロットルボディと同時に購入しなければならず部品代も4万円以上かかってしまいます。
この症状を直すだけなら費用も時間もかかる新品にしなくても取り外して清掃するだけで大丈夫です。

 

費用的には、ディーラーでやってもらうのであれば数千円の工賃だけ、自分でできるのであれば無料で直すことができると思います。

暖気運転後のエンジン不調

RA1型プレオのエンジン不調にはいろいろな原因があるのですが、暖機運転をして、ある程度水温ががった状態で、更に走ることは何とかできるがパワーが出ないとか、昨日より走らなくなったなどという状況にあるものの場合はクランクセンサーを疑うのが一般的になっています。
クランク角センサーはエンジンの回転数を検知するためのセンサーでそこからの信号によってECUは的確な燃料噴射量や点火時期などを決めています。
それだけエンジンにとって非常の重要な部分が壊れてしまえばこういったことになってしまうのも無理はありません。

 

ただ、修理に関していえば非常に簡単、新しいクランク角センサーを付け替えればいいだけです。
クランク角センサーは部品代だけでも3000円程度で手に入れることができるもので、交換作業自体もそれほど難しくありませんので工賃もあまりかかりません。
あわせて1万円も見ておけばいいでしょう。
これだけの作業でプレオは元気になります。

走行中にいきなりのエンジンストップ

RA1型プレオのエンジン不調のもう一つのパターンである走行中にエンジンが突然止まってしまうというもの、これにもいろいろな原因が考えられますが、特に多くなっているのがカムポジションセンサーの故障です。
カムポジションセンサーはその名の通り、カムシャフトの回転数や位置を検知するセンサーで、これもエンジンを正常に起動させるためにとても重要なものです。

 

しかしこのカムポジションセンサーが故障するとなんとなくエンジンが調子悪いと思ったとたん、活きなりエンジンが止まってしまうので困りものです。
この故障に対する修理もカムポジションセンサーの交換だけで済みますが、このセンサーは同じくプレオのエンジン不調の原因となるクランク角センサーと全く同じものを使っているので、できればどちらかが壊れた時に同時に交換したいものでもあります。
センサー1つで3000円ぐらいそれに工賃を足しても1万円ぐらいで済みます。
クランク角センサーを同時交換しても2万円はかからないでしょう。

プレオが欲しい!けど故障しないか不安!
故障しない車を手に入れる超簡単な方法を教えます。

⇒詳しくはコチラ

エンジン始動性悪さと不安定はアイドリング

プレオに搭載されているエンジンでエンジンがかかりにくい、アイドリングが安定しないという時はほとんどの場合点火系に難ありです。
実際にスパークプラグを抜いてみると失火状態になっていることが多く、まずはイグニッションから疑うのですが、どれも正常な状態で何ら問題ない。
こうなった時に考えられるのがインジェクターの詰まりです。

 

プレオの燃料タンクは異物が入ることが多くそれがフィルターで濾しきれなかったものがインジェクターまで流れ、それによってインジェクターが詰まってしまい、燃料噴射ができない状態になるようです。
修理は燃料系の洗浄とガソリンタンクの交換を行い、ひどい場合ではインジェクターも交換となります。
費用は燃料タンクに35000円、インジェクターが4本で32000円ぐらいでそれに25000円ぐらいの工賃が掛かります。

 

燃料タンクを中古品、インジェクターを社外品にすれば部品代はかなり安く抑えられることができ、部品代だけで26000円ぐらいまで安くすることができるでしょう。
1番と2番がかなり失火気味。

キーが回らない

プレオでは定番となっているトラブルにキーが回せず、エンジンをかけることができないというものがあります。
イグニッション位置までは回るがそこからスタート位置まで回せないというパターンが多いのですが、これはキーシリンダーの物理的な故障であることが多いようです。
キーシリンダー自体がガタが出てしまい、キーの差し込み状態によっては回ったり回らなかったりということになるようです。
修理にはキーシリンダーをアッセンブリー交換しなければならず、部品代だけで14000円ぐらいかかってしまうでしょう。

 

そして更にキーがドアなどとバラバラになってしまうのでそれを避けたい方は他のキーシリンダーも交換することになりますので6万円ぐらいは掛かってしまうでしょう。

エンジンのハンチングが起こる

一定のアクセル開度にしていてもエンジン回転数が上がったり下がったり、いわゆるハンチング状態になったプレオはO2センサーのトラブルを疑います。
O2センサーといってもO2センサー自体の故障ではなく、O2センサーを機能させるためのヒーターに電源が来ていないことから、O2センサー自体も正常に機能しなくなっている状態になることがあるようなのです。

 

たいがいの場合、物理的な故障ではなく、O2センサーヒーター用のヒューズが飛んでしまっていることが多く、それを交換すれば治るのですが、ヒューズが切れるというのは何かしら原因があるわけですのでそれを回避するためにO2センサーの交換も必要となります。
純正品で13000円ぐらい、社外品で6000円ぐらいで手に入れることができます。

もしかすると買い替えしたほうが得するかもしれません・・・

修理より買い替えの方が得する